直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

明治天皇家 その3

●明宮嘉仁親王   大正天皇
●常宮昌子内親王  竹田宮恒久王妃
●周宮房子内親王  北白川宮成久王妃
●富美宮允子内親王 朝香宮鳩彦王妃
●泰宮聡子内親王  東久邇宮稔彦王妃


当時、4人の内親王と年齢が釣り合う皇族男子は、年齢順に
北白川宮恒久王・北白川宮成久王・有栖川宮栽仁王・久邇宮鳩彦王・久邇宮稔彦王
の5人であった。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
明治天皇紀 明治26年11月01日

房子内親王を有栖川宮栽仁御に婚嫁せしめんとの叡旨あり。
宮内大臣土方久元をして、旨を有栖川宮熾仁親王に告げしめたまう。
熾仁親王喜びて勅旨拝承の旨を奉答す。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
明治天皇紀 明治39年01月09日

昌子内親王をもって恒久王に、允子内親王をもって栽仁王に配せんとし、
内旨を侍従長徳大寺実則に伝えたまう。
これより先有栖川宮威仁親王、内親王中一人を得てその嗣栽仁王の妃と為さんと欲し、
侯爵伊藤博文を介して内請する所あり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
明治天皇紀 明治40年03月27日

昌子内親王を北白川成久王の庶兄恒久王に配せんとするをもって、
侍従長徳大寺実則を成久王の第に遣わし、旨を能久親王の寡妃富子に伝え、
もって恒久王に伝えしめたまう。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

内親王たちの嫁ぎ先は各王子に宮家を持たせて以下の予定であったが、

第6皇女 昌子内親王 竹田宮恒久王妃
第7皇女 房子内親王 北白川宮成久王妃
第8皇女 允子内親王 有栖川宮栽仁王妃
第9皇女 聡子内親王 朝香宮鳩彦王妃


有栖川宮栽仁王が二十歳で病死したため允子内親王の嫁ぎ先が繰り下がって、
久邇宮稔彦王に東久邇宮家を創設させて以下のように変更となった。

第6皇女 昌子内親王 竹田宮恒久王妃
第7皇女 房子内親王 北白川宮成久王妃
第8皇女 允子内親王→朝香宮鳩彦王妃
第9皇女 聡子内親王→東久邇宮稔彦王妃


パラソルが昌子 しゃがんでいるのが房子 立っているのが允子 ベンチが聡子
a0287992_20454889.jpg


座っているのが昌子 背丈の順に 房子 允子 聡子
a0287992_2046470.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2001-01-05 00:00 | 皇族
<< 大正天皇家 その1 明治天皇家 その2 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング