直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

紀州徳川侯爵家 その1

東京本邸 麻布区飯倉町 (現:港区東麻布) 1万2000坪


◆徳川茂承
1844-1906 天保15-明治39 62歳没
もと西条藩主松平頼学の子 松平頼久
a0287992_033999.jpg

a0287992_13132482.jpg



■前妻 伏見宮邦家親王の娘 則子女王 
1850-1874 嘉永03-明治07 23歳没


■後妻 本多忠興の娘 広子
1856-1886 安政03-明治19 30歳没


●前妻の子 久子 婿養子を迎え次代当主とする
●前妻の子 孝子 伊達宗陳侯爵の後妻
●後妻の子 保子 松平頼和子爵夫人





◆徳川頼倫
1872-1925 明治05-大正14 52歳没
もと田安徳川慶頼の子 婿養子になる

イギリスにて
a0287992_1314861.jpg

a0287992_2185270.jpg

a0287992_13141564.jpg



■妻 先代茂承の娘 久子
明治06-
a0287992_033533.jpg

a0287992_1315096.jpg

a0287992_2191543.jpg



●頼貞 次代当主
●宣方
●治  落馬で死亡





◆徳川頼貞
1982-1954 明治25-昭和29 61歳没

*ケンブリッジ大学に留学

イギリスにて
a0287992_16334941.jpg

後列中央が頼貞
a0287992_16335592.jpg

a0287992_03474.jpg



■妻 島津忠義公爵の娘 為子 山階宮常子妃の妹・久邇宮俔子妃の妹
1898-1989 明治31-平成01 91歳没
a0287992_14184821.jpg

a0287992_17321878.jpg

a0287992_0341030.jpg

頼貞夫妻 音楽家エフレム・ジンバリストと
a0287992_0344534.jpg



●頼韶 次代当主
●宝子 婿養子を迎え次々代当主とする


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『横から見た華族物語』  昭和07年出版  ※当時の総理大臣の年給は9,600円

先代の頼倫侯爵は物柔らかな利口な人物であったが、
当主の頼貞侯爵はあまり評判が良くない。
頼倫侯爵が死んだ時、頼貞侯爵は3000万円の財産を相続して80万円の相続税を納めた。
その前には十五銀行の騒ぎに56万なにがしの損害をこうむった。
それやこれやで財政が苦しくなったので、
昭和03年に什器の売り立てをやって臨時収入200万円を手に入れた。

頼貞侯爵は旧弊な家職どもに取り囲まれているにもかかわらず、
皮肉にも日本より外国のことを好む。特にフランスのことを好む。
だから紀州家の本邸は万事フランス式でやっているが、
特に台所は一切フランス張りでその料理が頼貞侯爵の何よりの自慢だとある。
これは先年頼貞侯爵が大阪ホテルで食事をした時料理が非常にお気に召したところから、
そこのコックを高い給金をはらって本邸へ雇い入れてから始まったという話だ。

紀州家では予算制度がやまかしくて、1年の経常費を50万円と計上している。
先代頼倫侯爵の時には80万円であったが、当時は使用人が70人もいた。
今は西洋風の簡単な生活で、頼貞侯爵の召使としては4人きりである。
それで年50万円といえば、月に割って2万5000円の勘定となる。
どんな贅沢でもできそうに思われるが、
頼貞侯爵に言わせると自由に使える金といってはあまりないそうだから、
生活費以外に無駄な金がよほど消えるのであろう。
昭和05年の春、欧米漫遊の旅に立った。
一行は7名それで旅費として月に1万円ずつ費やす予算であったが、
行ってみるとその倍額の要求となり、外遊2年の間に50万円に近い金を使ってしまった。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
紀州徳川家の相談役 経済学者上田貞次郎の日記 昭和02年04月

徳川家の問題はもちろん財政整理である。
今春は予定通り什宝売却を断行して好成績であった。
売上160万円に達した。手取り124万9000円。
しかし十五銀行破綻のために毎年7万円の収入減となる。
頼貞侯爵も大いに節約の意思はあるが、実行はできない。
本邸は今年も予定超過で、総額20万円以上使っている。
今借金は210万円で昨年末に比すれば70万円減じたが、
結局本邸も売却しなければ整理はできない。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
紀州徳川家の相談役 経済学者上田貞次郎の日記 昭和04年09月

徳川家の借金はまだ250万円ある。先代からの引き継ぎの時350万円あったのが、
什器売却で100万、土地売却で200万作ったにも関わらず100万しか減らないのは、
現在支出超過が毎年2,30万円ずつあるからだ。
頼貞侯爵は今外遊中だが毎月1万円の旅費を予定していたのに、
05月以来すでに8万円すなわち倍額出ている。
何事にしても主人が締まらなければ何もならぬ。
この顧問の仕事は実に馬鹿馬鹿しい。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
昭和09年06月19日の東京朝日新聞に
『徳川侯爵家を恨み老植木師が服毒 積立金を返さぬと』という記事が出る。
長年紀州徳川家に雇われていた植木職人が紀州徳川家事務所に
給料から天引きで積み立て貯金をしていたのに、退職の際に総額804円を返してもらえなかった。
何度事務所にかけあっても拒否されたので、徳川家の中で猫イラズを飲んで抗議の自殺をした。
後日遺族に1000円の弔慰金を支払うことで決着した。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
徳川頼貞は東京大崎に洋風の大邸宅を作り、<パレス・クィーン・エリザベス>と名づけた。
パーティーを開くときは、金ピカの制服を着た召使を玄関に立たせ、
ヨーロッパ宮廷風に招待客の名前を読み上げさせた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
徳川正子 松平恒雄の娘/尾張徳川義知夫人

駐英大使で赴任した父の後を追って私もロンドンに参りましたのですが、
ちょうど頼貞様の御外遊の時期でごさいました。
お嬢さんの宝子さんがまだお小さくて、5つぐらいでしたでしょうか。
郊外の方にバトラーがいるお家をお借りになって、
看護婦が宝子さんをつきっきりで看ておりました。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆徳川頼韶
1917-1958 大正06-昭和33 41歳没





◆徳川剛
1924-  大正13
もと日系二世の青山由太郎の子 婿養子になったが離婚


■先々代頼貞の娘 宝子


●宣子
●礼子


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
戦後為子夫人は池袋の西武デパートに【お子様食堂】を始めたが、
デパート改修とともに終わった。
娘宝子も日比谷の三井ビルにレストラン【マルキーズ】を始めたが、
夫が権利を売りとばして逃げてしまった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2003-01-08 00:00 | 武家華族
<< 紀州徳川侯爵家 その2 水戸徳川公爵家 その2 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル