直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

蜂須賀侯爵家 徳島藩主

東京本邸 芝区三田綱町 (現:港区三田) 土地5万坪 建物2000坪

高輪別邸

鉄砲洲別邸

洲崎浜町邸

a0287992_3275672.jpg



◆蜂須賀茂韶
1846-1918 弘化03-大正07 71歳没

*オックスフォード大学に留学・フランスに駐在
a0287992_22103436.jpg

a0287992_14271971.jpg

a0287992_22122667.jpg



■前妻 蜂須賀隆芳の娘 斐子 離婚


■後妻 水戸徳川慶篤の娘 随子
1854-1923 安政01-大正12 69歳没

イギリスにて 後妻随子夫人と
a0287992_072297.jpg

a0287992_21315897.jpg


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
茂韶には11人の側室がいたが、すべての側室を辞めさせることが随子側の結婚の条件であった。
しかし随子自身はかつて松平定教子爵(松平定敬とされるのは誤り)と婚約していたことを理由に
「二夫にまみえず」として茂韶とは寝所を共にせず、自分の侍女萩原京を側室にさせた。
毎週月・水・金は随子夫人の住む本邸に泊まり、
火・木・土・日は側室お京の住む高輪別邸に泊まったという。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


●庶子 正韶 次代当主





◆蜂須賀正韶
1871-1932 明治04-昭和07 61歳没

*ケンブリッジ大学に留学
a0287992_22124142.jpg



■妻 将軍徳川慶喜の娘 筆子
1876-1907 明治09-明治40 31歳没
a0287992_0211128.jpg

a0287992_0212038.jpg

a0287992_0114569.jpg



●年子  松平康春子爵と結婚離婚
●笛子  松田正之男爵夫人
●小枝子 佐竹義種子爵夫人
●正氏  次代当主


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
蜂須賀正韶の娘 蜂須賀年子

私の父は人間嫌いというほどではなかったが、人に対する情は薄かった。
ことに、女嫌いであったことは事実である。
父は男女関係について全く幼稚だったような気がする。
8年も外国にいたくせに女性というものをほとんど知らない。
自分の妻にさえ、ある種の恐怖心を感じていたようだ。
新婚当時 女の扱い方を知らなかったため、夜の営みのことを考えると居ても立ってもいられず、
戸棚に隠れて一夜を過ごしたという話もある。

父はすべての動物に対しても、さしたる愛情を持っているとは見えなかった。
たぶん生まれつきなのであろうと思うほかはなかった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


●年子 松平康春子爵と結婚離婚
a0287992_22125827.jpg

a0287992_07783.jpg


左から 正氏 小枝子 笛子 
a0287992_22131120.jpg






◆蜂須賀正氏
1903-1953 明治36-昭和28 50歳没

*イギリスに留学

*北白川美年子女王と婚約していたが、破談となった。
a0287992_236482.jpg



■妻 日系アメリカ人 永峰智恵子
1909-1996 明治42年-平成08 87歳没


●正子
[PR]
by oMUGIo | 2004-07-05 00:00 | 武家華族
<< 保科子爵家 飯野藩主 溝口伯爵家 新発田藩 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング