直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

入江子爵家 羽林家

◆入江為守
1868-1936 慶応04-昭和11 68歳没
もと公家冷泉為理の子
a0287992_75366.jpg



■妻 柳原前光伯爵の娘信子
1876-1953 明治09-昭和28
a0287992_7532172.jpg



●為常 次代当主
●朔子 坊城俊良伯爵夫人
●邦子 高木正得子爵夫人→娘は三笠宮百合子妃
●相政 財閥岩崎豊弥の娘君子と結婚


左 朔子   右 邦子 
a0287992_1742426.jpg


左 相政   右 邦子
a0287992_7552021.jpg


●朔子 坊城俊良伯爵夫人
a0287992_7553241.jpg


●相政
a0287992_830205.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正10年09月09月18日

宮内官僚小原駩吉の台詞

入江為守、ヨーロッパにてある宴会の時ズボン下がズボンの下に白く垂れおり、
あまり見苦しきゆえ同僚が注意したるところ、衆人の前にてズボンをまくりこれを直したる由。
恥しきこと多きゆえ儀式には大概これを除きて出席せしめざることと為したる由なり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆入江為常
1894-1969
a0287992_7535382.jpg



■妻 京極高徳子爵の娘 豊子
1902-1989


●朝子 婿養子を迎え次代当主とする





◆入江俊久
1921-
先代為常の甥/朔子&坊城俊良伯爵の子 婿養子になる


■妻 先代為常の娘 朝子 イトコ結婚
1928-


●妍子
[PR]
by oMUGIo | 2002-04-03 00:00 | 公家華族
<< 醍醐侯爵家 清華家 四条侯爵家 羽林家 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング