直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

山縣有朋公爵家 政治家

東京目白台 東京本邸<椿山荘> 2万坪

麹町五番町 <新椿山荘> 700坪

小石川水道町 <新々亭> 500坪

京都南禅寺 京都別荘<無鄰菴> 敷地2坪、うち半分が庭園 洋館あり

小田原板橋 小田原別荘<古稀庵> 1万坪 後方に<皆春荘>あり
関東大震災後、洋館のみ山縣農場へ移築

大磯別荘<小淘庵> 5,000坪

山縣農場 天然林150町歩・草山600町歩

*山縣宅の庭園は、ほとんど山縣有朋自身の設計による


◆山縣有朋 総理大臣
1838-1922 天保09-大正11 83歳没
a0287992_1615695.jpg



■前妻 庄屋石川良平の娘 友子
1851-1893 嘉永04-明治26 42歳没
a0287992_16151488.jpg

a0287992_20425640.jpg



■後妻 芸者貞子 姉タキコは益田孝男爵の妾

*妾であった貞子を前妻の死後後妻とする

左 川上貞奴  右 貞子夫人
a0287992_2043878.jpg

a0287992_161528100.jpg



●前妻の子 松子 船越光之丞男爵夫人


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
萬朝報 明治31年07月11日

三井物産の益田孝は日本橋茅場町の別宅に吉田タキ(31)なる妾を蓄う。
タキは新橋吉田屋【山登】と言いし芸妓にて、
後にその実妹貞子に山登の名を譲りて自らは老松と名乗りたるが、
18の歳に益田の子を産み落とし、ついに落籍さる。
信世というのは、すなわちその子なり。

また妹の山登こと貞子(28)は一時会計監査官中山寛六郎の持物なりたれど、
ついにその親分なる公爵山縣有朋に奪われてその妾となり、
侯爵が総理の際には小石川水道町に住まわせたるが、
征清のはじめには目白台椿山荘の裏門脇に移り住み、
その後いつとはなしに本邸に入り込む。

また母のマキは講談師松林伯知を男妾とし、
娘二人のお陰にて日本橋上槙町に寒菊なる待合を開きて豊かに暮らしつつあるが、
その亡夫安兵衛は南伝馬町の唐物屋なりしが、日本橋の芸妓歌吉と情死を遂げたり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆山縣伊三郎
1858-1927 安政04-昭和02 68歳没
初代有朋の甥

*フランスに留学

フランスにて
a0287992_57743.jpg

a0287992_17245819.jpg



■妻 加藤弘之男爵の娘 隆子
1867-1931 慶応03-昭和06 64歳没
a0287992_17251019.jpg
 


●清子  田中文蔵夫人 
●有道  次代当主
●三郎
●吉朗  勝津吉朗となる
●寿美子 竹屋春光子爵夫人
●五郎
●七郎


●女子
a0287992_21263922.jpg






◆山縣有道
1888-1945 明治21-昭和20 57歳没

*ドイツに留学


■妻 前田利同伯爵の娘 鞭子
1895-1965 明治28-昭和40 70歳没
a0287992_22315944.jpg



●美枝子 都築響六男爵の子都築忠春と離婚・日笠百勝と再婚
●有信  次代当主
●美智子 北沢仁夫人 


●美枝子 都築響六男爵の子都築忠春と離婚・日笠百勝と再婚

美枝子&前夫都築忠春
a0287992_2129564.jpg






◆山縣有信
1918-1974 大正07-昭和49 56歳没


■妻 政治家今成留之助の娘 睦子
1924- 大正13-


●有徳
●真紀子
●由紀子
[PR]
by oMUGIo | 2005-03-12 00:00 | 勲功華族
<< 大山巌公爵家 政治家 安東貞美男爵家 軍人 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル