直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

柳原伯爵家 名家 その1

◆柳原光愛
1818-1885 文政01-明治18 67歳没


■妻 長谷川雪顕の娘


●前光 次代当主
●為福 入江為福となる
●和麿 北小路随光子爵の養子となったが離縁
●愛子 明治天皇の側室 大正天皇の生母
●資秀 
日野資宗の娘斐子の婿養子になり日野資秀伯爵となる・三島通庸子爵の娘鶴子と再婚
●俊子 冷泉為紀伯爵夫人
●浜子 堤雄長子爵夫人





◆柳原前光
1850-1894 嘉永03-明治27 44歳没
a0287992_18958.jpg



■妻 伊達宗城伯爵の娘 初子
1854- 嘉永07-
a0287992_23261269.jpg



★側室 梅子 宮中の妹愛子の侍女を見初めて愛子からもらい受け本邸に住まわせた。


★妾 芸者 おりょう 没落幕臣の娘で芸者になり、伊藤博文と前光が取り合ったが、
おりょうが前光を選んで身請けされ、本邸のそばの家に住まわせた。
燁子を生んだ3年後に死亡。


●実子 義光  次代当主
●実子 信子  入江為守子爵夫人
●庶子 燁子  歌人柳原白蓮 結婚3回
北小路資武子爵→炭鉱王伊藤伝右衛門→大学生宮崎龍介





◆柳原義光
1876-1946 明治09-昭和21 69歳没
a0287992_1892239.jpg

a0287992_16142830.jpg



■前妻 岡山藩主池田慶政の娘 銀子
1878- 明治11-


■後妻 川村純義伯爵の娘 花子
1882- 明治15-
a0287992_16145513.jpg



●福子 婿養子を迎え次代当主とする
●徳子 吉井勇伯爵と離婚 ダンスホール事件を起こす
●文子 長谷川元秋夫人


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『名士文士貴婦人すっぱぬき』  大正06年出版

伯爵の若様達の間に先年一紛争が起こったことがある。
問題は赤坂の美形林家おきんの奪い合い事件で、
最初伊達という華族様が三河屋でおきんに可愛がられているのを見た大木遠吉伯爵が
ムラムラと例の野心を起こし「おい、おきんちょっと来い」と別室の電燈を暗くしてからは、
おきんは大木の殿様の肩を怒らせて歩く姿が勇ましくて気に入ったと
一時はアツアツのおでんよろしくの仲となっていたところ、
好事魔多し大木伯爵はその後坐骨神経痛で足が立たず
しばらく御無沙汰しているこの機乗ずべしとかねておきんに思し召しのあった柳原義光伯爵は
待合春の家からおきんを呼んで心意気の調子を合わせてから他人ならぬ仲となった。
おきんはそれにしても大木伯爵に気が置けるので
「柳原様、大木の旦那はどうなすったのでしょう」と聞くと、
柳原伯爵は「大木か、あれは近頃青山に美しいのを囲っているのに男の子が生まれたので
有頂天にうれしがりそちらにばかり入り浸り、おまけに千家の借銭に判をしたので
7000円を失くしたから取り戻そうと相場に手を出し、
お前のことなどはとうに忘れてしまっているよ」と言うに、
おきんも合点しそれからは私の好きなは柳原様ばかりとしなだれかかるので
柳原伯爵もグンニャリとなり毎日毎日会っている。
それを聞いた大木伯爵は烈火のように怒り、
「友人の所有権を侵すとはもっての他。このままでは済ませぬ。
以後の戒めに懲らしめてくれよう」と鉄拳を振り上げようとすれば足が利かぬ。
こは残念と芝伊皿子の柳沢邸に電話をかけると
保恵伯爵すぐさま鼻眼鏡をかけ水雷艇式の自動車を飛ばして駆けつけ、
とくと事の次第を聞いてそれは容易ならぬ公卿華族と新華族の悶着、
将軍家の血統を加えねば仲裁役に役者が足らぬと
さっそく柳橋一藤井に電話をかけて徳川厚男爵を迎え、
しきりに融和妥協に尽くしたのでようやくなんとか妥協ができたとかできなかったとやら。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『横から見た華族物語』  昭和07年出版

柳原義光伯爵は華冑界の変人で、気骨もあり勇気もあり交際の術に長じ、
物事が早わかりしてネバネバすることを嫌った。
楽天主義の実行者で物を苦にすることなどのことはなく、
時には柳暗花明に遊んで大いに歌い大いに飲み酔えば気を吐いて隣室の客を驚かすなど、
白蓮夫人の兄だけに奇抜なところがある。
酒を飲むと脱線する気味があり、
まだ一同が酔いの回らぬうち「あ、こりゃこりゃ」と踊り出すことがあるが
平素は心に何のわだかまりもない朗らかな人物である。
華族社会の快男児として政治的方面にも多少重んぜられているが、
財政はだいぶ苦しいそうで先年とうとう桜田町の本邸を叩き売ってしまった。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆柳原博光
1889-1966 明治22-昭和41 77歳没
もと大原重朝伯爵の子 大原義質 婿養子になる


■妻 先代義光の娘 福子
1899- 明治32-
a0287992_16153125.jpg



●武子 婿養子を迎え次代当主とする
●在子 前橋松平直正伯爵と離婚・菊池友雄と再婚
●行子 島津矩久夫人





◆柳原承光
1916- 大正05-
もと松平忠寿子爵の子 婿養子になる


■妻 先代博光の娘 武子
1919- 大正08-


●留美子
●真美子




*柳原家は義光が男色相手から脅迫されて警察沙汰になったり、
娘徳子がダンスホール事件を起こしたり、
妹燁子/柳原白蓮が炭鉱王伊藤伝右衛門のもとから宮崎龍介と駆け落ちするという事件が続いた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正10年12月01日

燁子事件につき右翼内田良平他一人より宮内大臣牧野伸顕に送りたる書状を牧野に返す。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正10年12月22日

宮内大臣牧野伸顕、義光に対し予より「綾子を引き取り監督する事を注意せよ」と言う。
予は柳原に対し「燁子はどこにいるや」を問う。柳原「なお山本保夫の家にあり」と言う。
予「燁子が既に復籍したる以上は戸主としてこれを監督すべき途を講ずべき」事を告ぐ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年01月11日

親族樺山愛輔伯爵の台詞

自分・入江為守・三室戸敬光ら〔全員柳原家の親族〕
柳原義光に対し引責処分を促したるも、義光は頑としてこれに応ぜず。
「自分はなんら為すべき事なし」と主張したる由なり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年01月14日

その後燁子は家主山本保夫と争いたる事ありとか言うことにて、
只今は池袋のあたりに一戸を構え女中2人を役し暮しおり。
その家は宮崎龍介の家と4,5丁を隔てるのみにて宮崎も往来しおるにはあらざるや。

燁子事件につき自分に対し種々の意見を言う人あり。
例えば爵を辞すべし貴族院議員を辞すべしと言う人もあれば、
またこれを辞すべからずと言う人もあり。
もはや50歳も近き自分として為すべからざる事と思い、辞爵はせざる事に決心せり。
また貴族院議員は選挙により就職しおるものにて、みだりに進退すべきものにあらず。
これも辞せざる事に決心せり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年01月17日

宮内官僚三室戸敬光子爵の台詞 (三室戸は柳原家の親族)

一昨日義光の妻と入江為守の妻が迎えに行き、これを連れ帰り柳原の家に置く事となせり。

宮内大臣牧野伸顕の台詞

しからば今後は充分監督を厳にする必要あり。
柳原はとかく責任を免れんと欲するごとき模様あり。左様の事にてはよろしからず。


倉富&三室戸敬光の会話

倉富◆燁子を監督するには充分の注意を要す。もし燁子が逃げ出す様の事ありて
柳原がこれをもって燁子の非行となしすぐに除籍する様の事をなさば、
せっかく苦心して呼び戻したる事も無益となる。
三室戸◆その事は充分注意しおり。たとえ逃げ出す様の事あるも、
二度にても三度にても呼び戻して監督する事に話し合いおけり。
倉富◆妊娠の虚実を問う。
三室戸◆少し腹部が大なる様なり。
倉富◆仮にその事ありとするも結婚中の事なるゆえ、一応は正当の妊娠と言う事を得べし。
三室戸◆伊藤伝兵衛も自己の子と言う方が面目を損ぜずと思う事もあるべし。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年01月20日

宮内官僚入江為守子爵の台詞 (入江は柳原家の親族)

燁子を連れ帰りたる事は聞かれたるならん。燁子の妊娠は事実なるがごとし。
この事については
和田豊治が伊藤伝右衛門をしてその子なる事を認めしむる様交渉する事を引き受けおる。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年02月09日

倉富&警視総監岡喜七郎の会話

倉富◆燁子の件に関し内田良平等の子分が決議を為したる趣なるが如何なる状況なるや。
岡◆先日の決議にては、宮内大臣を往訪して難詰する事となりおるも、いまだ来訪もせざるならん。
あるいは先日の会合のみにてそのまま黙止するやも計り難し。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年02月10日

宮内官僚松平慶民子爵より燁子の件につき内田良平らより配布したる書類を示せり。
予これを一読したるも、燁子の行動につき宮内大臣・内務大臣・文部大臣の措置が当を得ず、
また柳原義光が瀬金んを負わざる事を咎むる物にて、
その論旨によれば、義光は爵を辞し、燁子は自殺し、各大臣は職を辞すべしと言うに帰す。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年02月14日

宮内官僚関屋貞三郎の台詞

義光に対し議員を辞する事を勧めたるも、いまだ承諾の答を為さず。
宮内省より物質上の賜でも求る様の口気ありたり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年02月17日

関屋貞三郎の台詞

昨夜義光と会い強く引責を勧告したるも、
義光は「自分が引責して議員まで辞する事を燁子に告げて説諭したらば、
燁子も尼になるぐらいの発奮はいたすべし。
燁子が尼にでもなりたらば、世人はそれにて折り合うならん。
このごとき事件できたるにつき、自分いっそう皇室並びに国家の為に力を尽くす必要ありと思う。
それには公職を辞するは適当ならずと思う」と言い、責を引く決心なし。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年02月20日

倉富&関屋貞三郎の会話

関屋◆義光は実に分からぬ人なり。自分より議員を辞する事を勧めやや了解したる様なりしも、
宮内省の為に辞職する様にのみ考え、宮内省に対し不満の語気を漏らせり。
倉富◆今日は右翼黒龍会の連中が義光を訪う旨新聞に記載しおるが、事実なるべきや。
関屋◆義光は壮士から少しぐらい脅かされる方がよろしかるべし


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年03月04日

関屋貞三郎

義光は気違いなり。先日義光より和田豊治と入江為守とを招きたる。
義光は「宮内大臣は自分を買収するつもりにて実に不都合なり」と言いたる由。
和田より「自分は左のごとき話を聞くために来りたるにあらず。
右翼内田良平の子分らはなかなか強硬にて議員を辞するぐらいにては満足せず。
ぜひ隠居せしめんと言いおれり」
和田と入江の話にて義光もその非を悟り、
「議員を辞す事は両三日熟考したるうえ和田に返答する」事に約束しながら、
数日を経過するも何とも申し来らざるゆえ和田より催促したるに、
義光は「田中舎身に取り扱い方を依頼したるゆえ、和田には返答せず」と言いたる由なり。
義光は自分に対し議員を辞するにつき多額の賜金を要求する口気を漏らしたる。
義光は「議員の歳費は3000円なるも、議員となりおれば大臣となる機会もあるゆえ
単に歳費の問題とは為し難し」などと言い、甚だ卑劣なる事を言いおりたり。
入江も義光の態度には困ると言いおりたり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年05月25日

倉富&入江為守&宮内大臣牧野伸顕の会話

牧野◆燁子が分娩したる子の処分の事につき、
義光は宮内省より何か世話をする事を望みおる模様なり。
入江◆燁子が出生したる子は伊藤伝右衛門が自己の子として出生届を為す事を肯んぜざる。
いかが処置したらばよろしかるべきや。
倉富◆法律上にては伊藤の子なり。
伊藤がこれを否認するには訴訟を提起して自己の子にあらざる事を証明せざるべからず。
これを証明するには伊藤が生殖能力なき事実を挙示せざるべからず。
伊藤もこのごとき事まで為して恥の上塗りを為すべしとは思われず。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正12年10月26日 

宮内官僚の松平慶民・酒巻芳男来り、
燁子が宮崎龍介と同居しおる趣につき速やかに処分せざれば更に物議を起す恐れあるにつき、
義光より燁子を分家せしむるが簡便ならんと思いたるが、
宮内次官関屋貞三郎は「分家にては懲戒の意なし。離籍の方が可ならん」と言えり。
宮内大臣牧野伸顕も「離籍か宮内大臣の懲罰にて除族にするか二様の内にしたし」との事なり。
 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正12年10月29日

宮内大臣牧野伸顕の台詞

樺山愛輔の談によれば、燁子も一時は非常に悔悟したる模様なりしが、
その後京都の寺に行き如何なる事なりしか丹波の大本教に行き、
神戸夫婦非常に燁子に同情し宮崎龍介の母なども度々燁子を誘い、
ついにまた龍介と一緒になりたる趣にて、結局薄志なる人なるなり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
※当時の総理大臣の月給は1,000円

昭和06年、柳原義光は蒔田広城子爵に男色相手田中吉太郎と知り合う。
田中は役者あがりでバーを経営、華族相手の男娼として知られていた。

昭和08年、田中に飽きた義光は別の男娼を探すようになる。
華族に男娼を斡旋していたブローカー目真野がこれを知り、
田中に白紙委任状を書かせ代理となり、義光に手切金2000円を支払うよう要求する。
そんな大金のない義光が拒否すると、目真野は脅迫するようになる。
進退窮まった義光は田中を警察に訴える。

スキャンダルは昭和天皇も知るところとなり、
牧野伸顕を通じて木戸幸一に事態の把握が命じられる。
周囲が大騒ぎする中、当の本人義光は避暑と称して姿をくらましていた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
田中吉太郎の証言

伯爵なんてまったく薄情なものですよ。ほんとに華族なんて横暴だわ。
私は金なぞ欲しくもないし生活にも差し支えはしないのに、
ヤーさん〔柳原義光〕が全然知らぬなんてあんまりよ。
会って話してやりたいわ。しかし負けたのよ。
華族なんかの中にはこんな話はたくさんあるわ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*徳子と吉井勇は恋愛結婚。華族同士だが柳原家はこの結婚に大反対であった。

柳原義光の娘徳子は「ダンスホール事件」と呼ばれるスキャンダルを起こす。
昭和08年ダンスホール<フロリダ>の男性ダンス教師が
多くの有閑マダムとの姦通罪で逮捕された。
ダンス教師は女性客を斡旋していたのは
柳原義光伯爵の娘で吉井勇伯爵夫人の徳子であると自供した。

歌人でもある吉井勇は若い頃からかなりの放蕩児であった。
結婚しても息子が生まれても生活を改めることがなかったため、
当てつけのように徳子も不倫に走ることになる。

斎藤茂吉の妻輝子、近藤廉平男爵の子近藤廉治&樺山愛輔伯爵の娘安子夫妻など、
徳子の遊び仲間が一斉に検挙された。
そこで徳子は近藤廉治と不倫、妻の安子もダンス教師と不倫、というダブル不倫も発覚した。

宮内省は世間を騒がせた<不良華族>に厳しい態度で臨み、
近藤廉治&安子夫妻は華族から除籍されて平民に格下げされた。
徳子は吉井勇と離婚、吉井は芸者の娘孝子と再婚し京都に住まった。
輝子と斎藤茂吉は事件以降別居夫婦となる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
a0287992_16161150.jpg

a0287992_15243858.jpg

a0287992_15213491.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2002-02-11 00:00 | 公家華族
<< 柳原伯爵家 名家 その2 西園寺公爵家 清華家 その2 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング