直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

渋沢子爵家 財閥 その1

東京にある渋沢栄一の家は、4ヶ所にある。
深川の元本邸・王子の飛鳥山の別邸・兜町の新本邸・三田の綱町の息子篤二邸。
金にあかせて立て替えてみたり、改築してみたり、
あっちの家をこっちの家に移築したりしているが、基本の場所はこの4ヶ所である。
a0287992_16214965.jpg



◆渋沢栄一
1840-1931 天保11-昭和06 91歳没
a0287992_19492567.jpg
a0287992_19493088.jpg

a0287992_19494895.jpg



■前妻 尾高勝五郎の娘 千代 死別
1841-1882 天保12-明治15 41歳没


■後妻 伊藤八兵衛の娘 兼子
1855- 安政02-
a0287992_1617138.jpg

a0287992_1848132.jpg

a0287992_1621652.jpg

a0287992_18482484.jpg

a0287992_19494152.jpg

a0287992_1848389.jpg



渋沢栄一は妾・庶子多数で、公表されている実子・庶子だけで10人にのぼる。
そこで渋沢家では実子だけに限る「同族会」なる家族会議を月1回開いていた。


●前妻の子 歌子  穂積陳重男爵夫人
●前妻の子 琴子  阪谷芳郎子爵夫人
●愛人の子 フミコ 実業家尾高次郎夫人
●前妻の子 篤二  嫡男であったが廃嫡される
●愛人の子 テルコ 実業家大川平三郎夫人
●後妻の子 武之助 福原有信の娘美枝と結婚
●後妻の子 正雄  妻池田勝吉男爵の娘鄰子
●後妻の子 愛子  銀行家明石照男夫人
●後妻の子 秀雄  竹田政智の娘タケコと結婚
●愛人の子 重三郎 銀行家長谷川重三郎となる


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
萬朝報 明治31年07月15日

渋沢栄一は深川福住の自宅に大阪より連れ来たりし田中久尾(28)という古き妾あり。
日本橋浜町の別宅には吉原仲ノ町林家【小亀】こと鈴木カメ(24)なる妾を畜う。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆渋沢篤二
1872- 明治05-

*嫡男であったが、素行不良のため廃嫡される。


■妻 橋本実梁伯爵の娘 敦子
1880- 明治13-


●敬三 次代当主
●信雄
●智雄




◆渋沢敬三
1896- 明治29-


■妻 政治家木内重四郎の娘 登喜子
1902- 明治35-


●雅英
●紀子
●黎子
[PR]
by oMUGIo | 2005-12-03 00:00 | 勲功華族
<< 渋沢子爵家 財閥 その2 岩崎男爵家 財閥 弟 弥之助系 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング