直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

青木周蔵子爵家 外交官

東京本邸 麹町区上二番町 (現:千代田区一番町)
a0287992_23344278.jpg




◆青木周蔵
1844-1914 天保15-大正03 69歳没
もと三浦玄明の子
a0287992_21221687.jpg
a0287992_21223399.jpg

a0287992_2132398.jpg



■前妻 テル 青木周弼の娘と結婚して、周弼の弟青木研藏の養子となり、青木周蔵と改名する
ドイツに留学中エリーザベトと恋愛関係となったため妻とは離婚


■後妻 ドイツ貴族エリーザベト・フォン・ラーデ・フンケンハーゲン
a0287992_213228100.jpg

a0287992_21214058.jpg



●ハナ ドイツ貴族アレクサンダー・グラフ・フォン・ハッツフェルト・トラヘンベルク伯爵と結婚
a0287992_21221830.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
青木周蔵は前妻テルと結婚後、ドイツに留学する。
そこで後妻エリーザベトと恋愛関係になり、
テルと別れてエリーザベトと一緒になるつもりで日本へ連れて来る。

しかし親族会議で大反対される。
そこで周蔵はテルには自分が新しい結婚相手を見つけた上、結納金を払うことで離婚を認められる。
親族会議では他に、エリーザベトとの間に生まれたハナに家を継がせないこと、
後継ぎは青木家親族の中から男子を養子にすることなどが決められた。

ちなみにテルの再婚はなかなかうまくいかず、
周蔵は3回結婚を世話して3回結納金を支払っている。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆青木梅三郎
1873- 明治06-
もと杉孫七郎子爵の子

*ドイツに留学


■妻 軍人福原信蔵の娘 フミ
1885- 明治18-


●重夫  次代当主
●田鶴子 軍人吉岡範武夫人
●多嘉子 伊藤謹一郎夫人
●寿美子
●周夫





◆青木重夫
1904- 明治37-


■妻 荒木和一の娘 和子
1911- 明治44-
[PR]
by oMUGIo | 2005-04-11 00:00 | 勲功華族
<< 尾崎三良男爵家 外交官 田健治郎男爵家 政治家 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング