直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

津軽伯爵家 弘前藩主

◆津軽承昭
1840-1916 天保11-大正05 75歳没
もと熊本藩主細川斉護の子 婿養子になる
a0287992_4101989.jpg
a0287992_410137.jpg



■前妻 先代順承の娘 常子 死別
1839-1861 天保10-文久01 22歳没


■後妻 公家近衛忠熙の娘 尹子
1848-1900 嘉永01-明治33 52歳没 
a0287992_4103875.jpg



●庶子 理喜子 津軽行雄男爵夫人
●庶子 楢麿 津軽楢麿男爵となる 未婚
●庶子 寛子 尾張系徳川義恕男爵夫人→子義孝は14代当主


左側は細川護立侯爵&博子夫妻 右側が理喜子&津軽行雄男爵夫妻
a0287992_4104446.jpg






◆津軽英麿●子供ナシ
1872-1919 明治05-大正08 47歳没
もと公家近衛忠房の子
a0287992_511449.jpg



■妻 小笠原忠忱伯爵の娘 照子
1887-1972 明治20-昭和47 85歳没
a0287992_4112149.jpg
a0287992_411148.jpg
a0287992_4113250.jpg

a0287992_512893.jpg

a0287992_4112591.jpg

a0287992_2462452.jpg

a0287992_4114820.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
先代承昭は男子を次々と失ったため、
理喜子の婿養子にする予定で近衛家から英麿を養子に迎えたが、
その翌年妾に男子楢麿が生まれてしまう。
承昭は自分の息子を後継ぎにしたかったが、
本家筋にあたる近衛家から迎えた養子を廃嫡するわけにもいかず、
結局宮内省に泣きついて楢麿の方を分家させて男爵にしてもらう。

しかし英麿は14歳でドイツに留学したまま18年も帰らず、
32歳で帰国した時には理喜子と結婚するのを嫌がった。
承昭は仕方なく良縁を求め、小笠原伯爵家の娘照子と結婚させた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆津軽義孝
1907- 明治40-
もと先々代の娘寛子&尾張系徳川義恕男爵の子
a0287992_22335896.jpg

a0287992_4115957.jpg



■妻 毛利元雄子爵の娘 久子
1911- 明治44-
a0287992_4115179.jpg

a0287992_131779.jpg

a0287992_132586.jpg



●泰子  西田幾久彦夫人
●実枝子 山田英夫夫人
●明子  高野実夫人
●華子  常陸宮正仁親王妃
[PR]
by oMUGIo | 2004-05-02 00:00 | 武家華族
<< 阿部伯爵家 福山藩主 小笠原子爵家 唐津藩主 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング