直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
以前の記事

上杉伯爵家 米沢藩主 その1

◆上杉斉憲
1820-1889


■前妻 高知藩主山内豊資の娘 貞子
1821-1847


■後妻 高松藩主松平頼恕の娘 郁子
1828-1862


●後妻の子 長裕  丹羽長国子爵の娘峯子の婿養子になり丹羽長裕子爵となる
●後妻の子 長保  丹羽長国子爵の娘花子の婿養子になり丹羽長保子爵となる
●側室の子 茂憲  次代当主
●側室の子 栄子  結婚3回
人吉藩主相良頼基→飛鳥井雅望伯爵→山内豊範侯爵
●側室の子 勝賢  上杉勝賢子爵となる 城戸高博の娘喜武子と結婚
●側室の子 鉄丸  吉井藩主吉井信謹となる 宇土藩主細川行芬の娘千枝子と結婚
●側室の子 忠敬  松平忠敬子爵 伏見宮邦家親王の娘貴子女王と結婚
●側室の子 猷子  池田政礼子爵夫人
●側室の子 熊松  敦賀藩主酒井忠経の娘定子と結婚
●側室の子 純子  小笠原忠忱伯爵夫人
●側室の子 千鶴子 細川立興子爵夫人




◆上杉茂憲 最後の藩主
1844-1919 天保15-大正08 75歳没
a0287992_22332459.jpg

a0287992_19211215.jpg



■最初の妻 高須藩主松平義建の娘 幸子
1845-1872 弘化02-明治05 27歳没 


■2番目の妻 竹股権平の娘 猶子


■3番目の妻 岩村藩主松平乗喬の娘 敏子
1852- 嘉永05-


■4番目の妻 士族伊藤清久の娘 兼子
1859-1922 安政06-大正11 63歳没
a0287992_19212775.jpg



●兼子の子 憲章 次代当主
●兼子の子 覚子 池田勝吉男爵夫人
●兼子の子 重子 高辻宜麿子爵夫人
●兼子の子 琉子 松平直幹子爵夫人
●兼子の子 恒憲 上杉勝憲子爵となる 福島藩系板倉勝英の娘幸子と結婚
●兼子の子 久子 亀井慈常伯爵夫人
●兼子の子 直子 学者左右田喜一郎夫人
●兼子の子 朝憲 大給近孝子爵の娘可都子の婿養子になり大給近憲子爵となる
●兼子の子 大子 林安男爵夫人





◆上杉憲章
1876-1953 明治09-昭和28 77歳没

*英ケンブリッジ大学に留学
a0287992_192038100.jpg



■前妻 鷹司熙通公爵の娘 房子 死別
1887-1918 明治20-大正07 31歳没
a0287992_19205284.jpg



■後妻 近藤廉平男爵の娘 貴子
1887-1967 明治20-昭和42 80歳没
a0287992_17533485.jpg



●前妻の子 敬子 真田幸正伯爵の子真田幸尚と結婚・内山英太郎と再婚
●前妻の子 隆憲 次代当主
●前妻の子 昭雄 上杉勝昭子爵となる


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
覚子の孫 鮫島純子 財閥渋沢正雄の娘/鮫島員重男爵夫人  

*憲章は鮫島純子の大伯父にあたる(憲章の妹覚子/池田勝吉男爵夫人の外孫)

母方の祖母佳久子は上杉茂憲伯爵の長女で、16歳の時 手毬を持って嫁がれました。
4人の子供を生んだ後は側室にバトンを渡さざるを得なかったようですが、
夫が次々と側室を作り、同じ屋根の下で内縁の女性や13人もの庶子と暮らす理不尽さを、
二女である母は見るに見かねたのでしょう。自分の元に引き取りました。
母の気持ちを理解して、父は義母に憩いの部屋を提供していました。

祖母がイキイキと楽しそうに孫や娘を同伴してゆく先は、実家上杉伯爵邸でした。
祖母の兄弟姉妹は9人。上杉家の家紋が竹に雀なので、この集まりを<九雀会>、
次の世代の子や孫も招待する時は<小雀会>と区別していたようです。
和船での江の島巡りや一宮ぶどう狩りのバスツアーなど当時としてはユニーク企画もあり、
本当に仲の良い御兄弟でした。
珍しく楽しそうな晴れやかな実家での祖母の顔を見るのは、私たちにとってもうれしいことでした。
上杉家は私にとって、大名家の雰囲気を味わうに充分な楽しい場所でした。
ただひとつお客用のトイレが、二畳敷きの畳に黒漆塗唐草模様の金蒔絵の金隠しで、
とても恐れ多くて用が足しづらかった記憶が残っております。

いかにも穏やかな品の良い殿様は祖母の兄上で、
静かにおっとりお構えで すべて奥方と召使いにお任せのようでした。
殿様の前妻の方は鷹司公爵家から来られ、
3人の美男美女の御子様に恵まれましたのに最期のお産で亡くなられました。
私が伺う頃は、後添えとして実業家の近藤廉平氏の三女の方が奥様になっておられました。
海外婦人協会会長という肩書をお持ちでしたが、
外での御活躍を感じさせない物静かな微笑みを絶やさないおもてなしでした。
それはそれはいろいろ趣向を凝らして、
子供たちをも細やかなお気遣いで楽しませてくださいました。
絹のお召し物の裾を長めにお引きずりにお召しの奥方が、召使いがいるとはいえ、
よくあの大人数の御馳走と趣向を凝らした余興の用意をしてくださったものでございます。

祖母は祖父が他界する一年前の昭和15年に、胃ガンのため亡くなりました。
我慢強い性格と、これ以上厄介をかけたくないという気持ちからでしょう。
胃が痛むたびに赤い缶の<ホシ胃腸薬>を飲んで何事もない顔をして暮らしていましたが、
吐血、即入院、5日も経たないうちに亡くなりました。
泣き言ひとつ言わず、婿に感謝しつつ、凛とした一生を終えました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆上杉隆憲
1917- 大正06-


■妻 徳川家正公爵の娘 敏子
1918- 大正07-


●統子
●邦憲
●絇子
●隆治
[PR]
by oMUGIo | 2004-03-07 00:00 | 武家華族
<< 上杉伯爵家 米沢藩主 その2 酒井伯爵家 庄内藩主 その2 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング