直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

安藤子爵家 磐城平藩主

◆安藤信正
1820-1871 文政02-明治04


■妻 宮津藩主松平宗発の娘


●信民 早逝
●信守 次々代当主
●鈺子 椎谷藩主堀之美夫人・多度津藩主京極高典夫人
●女子 岩村田藩主内藤正誠夫人・副田欣一夫人





◆安藤信勇
1849-1908 嘉永02-明治41
先代信正の甥/もと岩村田藩内藤正義の子
a0287992_1355714.jpg



■妻 三浦万邦の娘 登女子
1854-


●レン 内藤正愨子爵の2/3番目の妻
●長造





◆安藤信守
1865-1914
先々代信正の子


■妻 松村徳次郎の娘 テツコ
1867-


●信篤





◆安藤信篤
1892-1916 24歳没 
a0287992_4462714.jpg






◆安藤信昭
1890-1976 明治23-
もと有馬頼万伯爵の子 頼為
a0287992_115878.jpg



■妻 閑院宮載仁親王の娘 恭子女王
1896-1992 明治29-


恭子女王の婚礼行列
a0287992_519627.jpg

a0287992_5184343.jpg

a0287992_20225484.jpg
a0287992_2023496.jpg
a0287992_2023910.jpg




●信敬
●朋子
●信和 次代当主
●信暉
●祥子
●康子
●治子


●女子
a0287992_23184583.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正10年03月01日

*倉富は有馬伯爵家の相談役を務めていた。

安藤信昭子爵の台詞

父有馬頼万伯爵よりの話に大礼服は有馬家より祝いとして贈るべきにつき、
供奉服は父より補助して作らしめ、小礼服は手元にて作る事とするつもりなるゆえ、
これを含みおきくれよ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 大正10年03月02日

倉富から有馬伯爵家職員橋爪慎吾への言葉

安藤信昭が侍従補に任ぜられたるところ、
頼万の考えにて信昭の大礼服は有馬家より祝いとして贈りたし、
供奉服は伯爵の手元より補助せらるべき旨の話を信昭から聞きたり。
予の考えにては、大礼服を贈る以上は小礼服・供奉服も廉なるゆえ
全部を有馬家より贈らるる事と為す方よろしからんと思う。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正10年03月05日

倉富&橋爪慎吾の会話

橋爪◆先日話ありたる信昭に服を贈る事は、有馬家より祝儀として
大礼服および宮内官小礼服を贈るべき旨を頼万に話したるところ頼万おおいに満足せられたり。
倉富◆その他供奉服の入用あり。供奉服は如何したりや。
橋爪◆頼万が「供奉服だけは自分で作る方よろし」と言われたる。
なお頼万より「信昭は服の他にも種々入用の品あるゆえ
有馬家より1000円ばかり立て替る事にいたしくれよ」との話あり。
倉富◆服代は幾らぐらいなりや。
橋爪◆大礼服・小礼服にて1100円ばかりなり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2004-07-10 00:00 | 武家華族
<< 稲垣子爵家 鳥羽藩主 大村伯爵家 大村藩主 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング