直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

吉井友実伯爵家 政治家

◆吉井友実
1828-1891 文政11-明治24 63歳没
a0287992_11421073.jpg

a0287992_11421934.jpg



■妻


●幸蔵 次代当主
●友武 高島鞆之助子爵の娘多嘉の婿養子になり高島友武子爵となる
●沢子 大山巌公爵の前妻・本人死別


●友武 高島鞆之助子爵の娘多嘉の婿養子になり高島友武子爵となる
a0287992_304022.jpg






◆吉井幸蔵
1856-1927 安政02-昭和02 71歳没

*アメリカ・イギリス・ドイツに留学


■妻 士族猪飼央の娘 静子


●勇   次代当主
●花子  長田馨夫人
●勝雅  高島勝雅子爵となる
●武蔵
●千代田
●友海
●百合
●桂子  竹迫常栄夫人





◆吉井勇 歌人
1886-1960 明治19-昭和35 74歳没
a0287992_15201746.jpg

a0287992_1520254.jpg



■前妻 柳原義光伯爵の娘 徳子 柳原白蓮の姪 離婚
1900-1975 明治33-昭和50 75歳没

*勇と徳子は恋愛結婚。華族同士だが徳子の実家はこの結婚に大反対であった。
a0287992_16172469.jpg

a0287992_15203376.jpg



■後妻 芸者の子 国松孝子


●前妻の子 滋





::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
吉井勇の前妻徳子は「ダンスホール事件」と呼ばれるスキャンダルを起こす。
昭和08年(1933)ダンスホール<フロリダ>の男性ダンス教師が
多くの有閑マダムとの姦通罪で逮捕された。
ダンス教師は女性客を斡旋していたのは
柳原義光伯爵の娘で吉井勇伯爵夫人の徳子であると自供した。

歌人でもある吉井勇は若い頃からかなりの放蕩児であった。
結婚しても息子が生まれても生活を改めることがなかったため、
当てつけのように徳子も不倫に走ることになる。

斎藤茂吉の妻輝子、近藤廉平男爵の子近藤廉治&樺山愛輔伯爵の娘泰子夫妻など、
徳子の遊び仲間が一斉に検挙された。
そこで徳子は近藤廉治と不倫、妻の泰子もダンス教師と不倫、というダブル不倫も発覚した。

宮内省は世間を騒がせた「不良華族」に厳しい態度で臨み、
近藤廉治&泰子夫妻は華族から除籍されて平民に降下された。
徳子は吉井勇と離婚、吉井は芸者の娘孝子と再婚し京都に住まった。
輝子は斉藤茂吉と長期に渡って別居することになった。
a0287992_15204617.jpg


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
徳子のイトコ/柳原白蓮&宮崎龍介の娘 宮崎蕗苳

母の兄柳原義光の娘さんのうち、徳子さんとは特に親しくしていました。
徳子さんは大正10年、歌人の吉井勇と結婚しました。
当時柳原家は「若い文士との所帯では食べていけない」と、この結婚には大反対でした。

徳子さんは白洲正子さんのお姉さんや斉藤茂吉の奥さん、当時の著名な文士、
菊池寛や久米正雄・里見弴・川口松太郎といった方々とも親しく交流していました。
モボ・モガといった言葉もありましたが、徳子さんはまさに時代の先端を行くモガという感じでした。
顔立ちは母にも似ていました。
字も絵も上手でしたし、佐賀錦織の特技があり広く教えていました。

徳子さんは昭和08年離婚して柳原家に戻りますが、
家に半ば閉じ込められ自由に歩けないほどでした。
四面楚歌の柳原家にあって、唯一の味方であった母と頻繁に手紙のやり取りをします。
ある日突然よほど慌てていたのでしょう、
下駄の左右違ったものを履いたままタクシーに飛び乗って宮崎家へやってきました。
祖母の鎚子〔白蓮の姑/宮崎滔天の妻〕はとかくの事情を問うことなく、
「よく来たね」と快く迎えました。しばらく私の家に一緒にいました。

母のことを姉さんという意味でしょうか「あんこ」と呼び、
自分のことを「俺様」とわざと乱暴に男言葉を話します。
母はそれをユーモアと受け止めてか特にたしなめることもなく、
「あなたの好きなようにしたらいいわ」ととてもおおらかでした。
我が家ではよく百人一首をしました。
「この札だけは誰にも渡せない」と、徳子さんは茶目っ気たっぷりにいつも狙っていましたね。
そんな気取らないところも魅力の一端でした。

私の母と同じく、自分で台所仕事や掃除ができる人ではありませんでした。
高田馬場に部屋を借りていましたが、朝になると毎日のように宮崎の家に来ていました。
一緒にいるだけで楽しい、明るく活発な女性でしたね。
晩年入院した折も、「家に連れて帰ってよ」と私たち家族を慕って寂しがっていました。
自由な人生をまっとうしたと思います。



左 白蓮   右 徳子
a0287992_3125984.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2005-04-05 00:00 | 勲功華族
<< 川村純義伯爵家 軍人 佐藤進男爵家 医学者 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング