直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

土井子爵家 古河藩主

東京本邸 本郷区駒込曙町 (現:文京区本駒込)


土井子爵家は東京の大地主として
大正期の資産高は100万円、昭和期の資産高は270万円あった。

※当時の総理大臣の年給は1万2000円




◆土井利与 最後の藩主
1851-1929 78歳没
a0287992_161090.jpg

a0287992_23342227.jpg

a0287992_162055.jpg



■前妻 篠山藩主青山忠良の娘 千嘉子 死別
1854-1889 35歳没


■後妻 黒羽藩主大関増徳の娘 銑子
1870-


●利孝  次代当主
●富美子 大橋篤治夫人
●与志子 井関保久夫人
●利正  平岡アヤと結婚
●辰子  金沢修三夫人
●利大  中広亮子と結婚
●美恵子 高田政治夫人





◆土井利孝
1901-1971 70歳没


■前妻  土井利剛子爵の娘 錦子 離婚
1903-1993 90歳没


■後妻 大久保鋳太郎の娘 幸子
1918-1993 75歳没


●前妻の子 利泰
●前妻の子 博子
●後妻の子 卓也
●後妻の子 幸也
●後妻の子 当子
●後妻の子 典子


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『横から見た華族物語』  昭和07年出版  ※当時の総理大臣の年給は1万2000円

土井利与子爵はこれがまた恐ろしい旧弊な御前。
新しいことは大の嫌いで、日常の生活をちょっと言ってみるならば、
屋敷の奥まった一室に白の下着に羽二重の着付けで脇息にもたれ
白綸子の座布団の上に端然と座り、
左右に侍る腰元ども相手に「苦しうない、近う寄れ」をやっていたものだ。
退屈になると「弓術を致す」とあって庭へ出る。
70を越した老年後もその時の元気は30代に見えた。
元気なのは弓術のみでなく、
腰元どもを相手に近う寄れをやる時にも壮者をしのぐ精力家であったとか。
その元気にまかせて子供を産ませた召使だけでも3人ある。73の時にも子供を1人生ませている。
この調子で100まで生きたらまだまだ3人や4人は産ませるだろうとの噂であったが、
昭和03年に78歳でポキリと死んでしまった。

跡取り息子の利孝子爵はこれはまたなんとしたことか親父には似ても似つかぬ新しがり屋で、
その新しがりにまかせていろいろな事をやり、
ついには礼遇停止を食って一時問題となった人物だが、
老子爵が世の中との関係を断って大弓をいたしている間は同じ8万石の殿様でも
土井家はなかなか内福だという噂で東京の多額納税者の一人であったが、
嗣子利孝子爵の代になると邸内の空気がガラリと変わって
一度に夜が明けたように明るくなったが、それとともに土井家の屋台骨がぐらつきだした。

新しい事を好む利孝子爵はまず写真道楽を始めた。
それから当時日本にはまだ一台もないという立派な活動写真機を買い込んで方々担ぎ回った。
小笠原長隆子爵が小笠原プロダクションに始めたのもこの頃であるが、
いわゆる類をもって集まるの例で
利孝子爵もこの俗にボロダクションと言われた小笠原プロに入って技師となり、
怪しい手つきでハンドルを回したものである。
これが縁となって女優や活動技師やそれに関係のある人々との交際が始まった。
そしていい気になっている間に活動山師という恐ろしい狼に噛みつかれて
親父の老子爵が大弓を致したり若い腰元どもを相手に精力の発散をやっている隙を狙って
どしどしお金を持ち出して使った。
ロシアに素敵な金鉱があってちょっと掘ると100万円ぐらいの金はすぐ出るというが
ひとつやってみてはどうかというような話が出てくる。
よかろうというので金をつぎ込む。ところが儲かるはずのが、元も子も返ってこない。
嫌気がさして手を引くと、相手の男から35万円の損害賠償の訴えが出た。
驚いたのは老子爵でさっそく準禁治産の申請をしたが、
調べてみるとあちらでも30万こちらでも40万と法律上当然利孝子爵が負担すべき借金が
方々から出てきてその総高が180万円ということになった。
これでは土井家がいくら多額納税者でも手のつけようがない。
すったもんだと揉み合っているうち老子爵はポキリと死んでしまったので
当然利孝子爵が跡を継いだが、
問題はいよいよこんがらがってきてついに礼遇停止ということになった

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2004-05-20 00:00 | 武家華族
<< 池田子爵家 鴨方藩主 高木子爵家 丹南藩主 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング