直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

桑原子爵家 半家

◆桑原輔長
1846-1896 弘化03-明治29 50歳没


■妻


●為昭 次代当主
●孝長 次々代当主





◆桑原為昭
1881-1899 明治14-明治32 18歳没





◆桑原孝長
1884-1927 明治17-昭和02 43歳没

*殺人事件を起こし爵位を返上する


■妻 士族粕谷素道の娘 寿和 離婚


●庶子  為衷
●実子 寿栄子
●庶子  田鶴子
●庶子  熙長


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<桑原孝長の殺人事件>

桑原孝長は女遊びで退学になったのを皮切りに、生涯放蕩がやまなかった。
親族から諌められると逆に妻を離婚して追い出してしまう。
独身に戻った孝長の放蕩はさらにひどくなり借金もかさんだ。

とうとう商人の美人妻・花登マスと駆け落ちをする。
しかし金の切れ目が縁の切れ目で、マスは夫の元へ帰ってしまう。

大正8年10月15日、孝長はマスを呼び出し復縁を迫る。
断られると用意してきた猟銃でマスを脅す。
脅すだけのつもりがマスが騒いだので撃ち殺してしまう。

孝長はその場から逃亡するが逃亡先で逮捕される。
宮内省は爵位の返上を命じ、桑原家の爵位は取り上げられた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正08年10月16日

宮内官僚仙石政敬子爵の台詞

桑原孝長が姦通の末その女を殺したる旨警察官よりの報告あり。
有爵者として許すべからざる事にて宗秩寮の議に付し爵を返上せしむる手続を取らんとす。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆桑原為衷
1906-1974 明治39-昭和49


■妻 三木伊之助の娘 久子
1913- 大正02-


●直子
●真子
●靖子
●為元
●光栄
●春雄
[PR]
by oMUGIo | 2002-04-05 00:00 | 公家華族
<< 葉室伯爵家 名家 醍醐侯爵家 清華家 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング