直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

葉室伯爵家 名家

東京本邸 豊多摩郡千駄ヶ谷町 (現:渋谷区千駄ヶ谷)


◆葉室長邦
1839-1898 59歳


■妻 勧修寺経理の娘 経子
1847-1915 68歳没


●邦子 六条有熙子爵夫人
●秀子 近松尊定夫人
●正子
●春子 婿養子を迎え次代当主とする





◆葉室長通
1876-1944 68歳没
もと万里小路通房伯爵の子 婿養子になる
a0287992_17225591.jpg



■妻 先代長邦の娘 春子
1887-1945 58歳没
a0287992_1723999.jpg



●千鶴子 婿養子を迎え次代当主とする
●通子  戸田武夫人
●礼子  田坂夫人


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<春子夫人の不倫>

葉室長邦には男子がなかったため娘春子に万里小路通房伯爵の子長通を婿養子に迎えた。
葉室家は東京に本邸があったが、陸軍軍人である長通が豊橋市に赴任したため、
妻子も一緒に住まった。
しかし見知らぬ土地で暇を持て余した春子は、当地の年下税務署員Aと不倫関係となる。
この関係は軍の知るところとなり、不倫関係は裂かれる。

また春子は新しい男Bを作る。
すると夫ではなく元愛人Aがこれに激怒、復縁を迫られ春子はAとよりを戻す。
これを憲兵隊が知るところとなり軍に報告、
軍は妻の不貞を取り締まれない長道を監督不行届きということでクビにする。

しかし夫婦は離婚することなく亡くなるまで結婚生活を続けた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆葉室直躬
1895-1971 76歳没
もと鍋島直柔子爵の子 婿養子になる


■妻 先代の長通の娘 千鶴子
1903-1988 85歳没


●百合子 烏丸智弘夫人
●欣子  大野良雄夫人
●賴昭  次代当主
●公子  黄朝福夫人
●頼言  粟田口頼言となる
[PR]
by oMUGIo | 2002-04-06 00:00 | 公家華族
<< 梅溪子爵家 羽林家 桑原子爵家 半家 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング