直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

井上良馨子爵家 軍人

◆井上良馨
1845-1929 弘化02-昭和04 84歳没





◆井上虎





◆井上良正





::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
井上良馨は爵位は一代限りという信念を持っており、
亡くなる前に枕元に軍人仲間を集め、その旨を遺言書にした。
親族一同もこれに同意した。

ところが息子虎は父の遺言に背いて、宮内省に襲爵願いを届け出て認められる。
子爵となった虎はカフェーの女給永井孝子と懇意となり、家庭をかえりみなくなる。
虎は孝子に吉祥寺に洋館を建ててやるなどして借金を重ね、
麻布の本邸や葉山の別邸などが競売にかけられ一家は離散する。

昭和08年、金に困った虎は明治天皇下賜の元帥刀・鳩杖などを売り払う。
これが世間の知るところとなりスキャンダルとなる。
井上家は虎を隠居させ、妻と離婚させ、息子良正を当主とする方針を立てる。

虎は離婚後の愛人との生活のために兵庫県に新居を構える。
当主となった良正は襲爵手続きを取らないという形で爵位を返上する。
離婚後虎は再婚するが、その相手は孝子とは別の愛人であった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2005-04-08 00:00 | 勲功華族
<< 大隈重信侯爵家 政治家 西寛二郎子爵家 軍人 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル