直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

保科子爵家 飯野藩主

◆保科正益
1833-1888


■妻 宇和島藩主伊達宗紀の娘 節子
1840-1905 


●寧子  財閥岩崎久弥男爵夫人
●建子  沢田鋓義夫人
●正昭  次代当主
●咸次郎 楠田咸次郎男爵となる
●尚子  佐野常羽伯爵夫人


●寧子  財閥岩崎久弥男爵夫人
a0287992_21242391.jpg






◆保科正昭
1883-1947
a0287992_2192013.jpg



■妻 北白川宮能久親王の娘 武子女王
1890-1977
a0287992_21222268.jpg

a0287992_2193191.jpg

a0287992_21221035.jpg



●光正


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
武子女王は藤堂高紹伯爵と婚約していたが、
藤堂は留学中に密かにイギリス人女性と結婚しており、
帰国後その事実が発覚し、大問題となり破談となった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正09年10月26日

有馬頼寧伯爵の台詞 (頼寧の妻貞子は武子夫人の姉)

保科正昭、先年来朝鮮京城にあり。夫人武子は東京にあり。
先頃保科より、近々総督府の技師を辞して東京に帰る旨を通知し来り。
親族にても喜びおりたるところ、
聞くところによれば保科は京城にて妓女に通じ既に懐妊しおるとの事なり
よりて先日伯爵二荒芳徳〔妻拡子は武子夫人の妹〕と協議し、いかに処置すべきや談合の末
まず事実を確かめる必要を生じたるもみだりに問い合す事もできず。
君は京城に知人あるにつき君に依頼して取り調べもらう事に話し合いたるゆえ、
しかるべく問い合せてくれよ。

武子は初め藤堂高紹に嫁するつもりのところ藤堂が外国婦人の関係ありたるため破談となり、
藤堂との婚約まだ破れざる時、保科より貰い受ける様の話をなしたる事あり。
しかるに藤堂との婚約破れたるより、
北白川宮富子妃は一も二もなく保科に嫁せしむることに決したるが、保科はこの結婚を喜ばず
結婚後朝鮮へ行き既に7年になれり。
武子は病身にて朝鮮に行きがたく、今日のごとき事となりたる次第なり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆保科光正
1914-1945
a0287992_21223876.jpg



■妻 徳川家正公爵の娘 順子 相手死別・関根勇吉と再婚
1919-


●正興
[PR]
by oMUGIo | 2004-07-06 00:00 | 武家華族
<< 秋元子爵家 館林藩主 蜂須賀侯爵家 徳島藩主 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング