直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

後藤新平伯爵家 政治家

東京本邸 麻布区宮村町 (現:港区 六本木または麻布十番または元麻布)
a0287992_2135561.jpg



◆後藤新平
1857-1929 安政04-昭和04

*独ベルリン大学に留学
a0287992_2131728.jpg



■前妻 資産家の娘 太加子



■後妻 安場保和男爵の娘 カズコ
慶応02-
a0287992_2132764.jpg



●後妻の子 一蔵 次代当主
●後妻の子 愛子 政治家鶴見祐輔夫人
●後妻の子 平八 士族藤沢平八となる


立つ 左から 愛子 後藤新平 一蔵
座る 左から カツコ夫人 新平の母リエコ 新平の姉初勢子
a0287992_2133918.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『横から見た華族物語』  昭和07年出版

後藤新平伯爵が愛知病院長であった時代は、
若き院長として信望も厚く前途は洋々として輝いていた。
この後藤院長が患者の一人に付き添っている美人を一目見てから煩悩の犬となって
部下の医員や看護婦達を驚かせた。
美人の名は太加子といって淑やかな娘美しい女として彼は悩ましいほど深い印象を受けたが、
太加子もまた優しい親切な院長さんとして敬慕した。
患者が退院するのを待って、後藤院長は正当の道を踏んで結婚を申し込んだ。
媒酌人は時の愛知県会議長端山忠左衛門夫婦である。
太加子の父は土地の富豪であるが、後藤院長の才幹を認めているのみでなく
娘の心もよく知っていたから話は順調に進んで、太加子は間もなく愛知病院長夫人となった。

新婚の夢もまどかに人生第一の春は幸福に明け暮れてまだ二月も経たぬ間に、
板垣伯爵の遭難事件が突発し後藤院長は招かれて岐阜へ駆けつけた。
治療は手際よく行われて板垣伯爵の生命は見事救われた。
その手腕が出世の端緒となってやがて帝都に招かれ、
一躍して内務省衛生局長の栄職に登った。
かくて太加子は夫の後を追って上京したが、
幾ほどもなく突然「お前はしばらく実家に帰っていてもらいたい」と意外な宣告を受けた。
理由を聞けばただ一身上の都合と言うのみで何も語らなかった。
太加子にとっては寝耳に水の驚きであるが、
一旦言い出した上は頑として聞かぬ夫の気性を知っているだけに、
泣く泣く実家へ帰るより他はなかった。

しかしいつかはまた楽しい家庭へ戻れるものと
彼女は儚い望みに自らを慰めて東京を立ち退き、
家人の反対を押し切って横浜のフェリス女学校に入学した。彼女はまだ19歳であった。
彼女が女学校へ籍を置いたのは、衛生局長後藤新平の夫人として
恥ずかしからぬ修養をしておかねばならぬとの優しい心からである。
後藤から出されても太加子の心は後藤の妻であった。自分でそう決めて一心に勉強を続けた。
それにも関わらず後藤伯爵はもう他の女と結婚していた。

太加子は悲しみの中に女学校を卒業した。
望みを失った彼女はこれから先どうしようというあてもなかった。
彼女は女としての一切を諦めて絵筆に親しむようになった。
太加子は後藤伯爵の顔より他のものは何一つ描かなかった。
絵筆を持ち始めてから17年の長い間、夫の似顔のみを描き続けた。
後藤伯爵の身にはその後も幸運に幸運が重なって、
ついには男爵まで授けられ明治41年には桂内閣に入って逓信大臣になったが、
太加子の身の上にはいつまでも不幸が続いて後藤伯爵が大臣になった翌月、
この薄命の花は41を一期としてはかなくも散り失せた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆後藤一蔵
明治26-

*米コロンビア大学に留学


■妻 工学者杉浦宗三郎の娘 春子
明治34-


●利恵子 実吉純郎子爵の子実吉安彦夫人
●美智子 三菱自動車鈴木正雄夫人
●貞子
●豊子  西村幸雄夫人
●新一
●健蔵


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎の日記 大正10年03月15日

倉富から部下への言葉
先日手続不十分なるも内実結婚する事を許し
その後に至り正当の願を出させてよろしきや否やにつき相談したる事ありしが、
その後後藤新平の長男一蔵は仰山に新聞に吹聴し、
既に結婚を終りたる後に至り願書を出しおりたり。
許可を与えらるる事は予期し得べしとするも、
かの如く公然規則違反をあえてする様にては不都合なり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2005-06-13 00:00 | 勲功華族
<< 本野一郎子爵家 外交官 中島信行男爵家 政治家 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル