直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
以前の記事

李堈公

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正08年02月21日

*倉富は李垠王家の相談役も務めていた。

倉富&宮内官僚石原健三の会話

石原◆今朝山縣伊三郎より「李堈公の品行いよいよ悪しきにつき禁治産の処分をなす必要あり」と言う。
如何せばよろしきや。
倉富◆法律の効が王族公族に及ばずとすれば、差し向き処分の致し方なし。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正08年11月24日

倉富&宮内官僚仙石政敬子爵の会話

仙石◆李堈公が上海に行かんとして新義州にて押えられたる。
倉富◆李堈公の事は少しもこれを知らず。これは懲戒問題なるべし。
仙石◆只今は政務総監官邸そばにある小なる家に監禁しある由なり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正08年12月09日

総理大臣原敬より
「李堈公を東京に召い宮内省よりこれに住宅を給し、
この節の脱走事件については本人より謹慎の意を表するだけに止め
別段の制裁を加えざる方よろしかるべし」との意見を述べ、この事に決定す。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正09年01月07日

<李垠王家の相談役に任命された件>

自分が先年朝鮮に行きおりたる関係にて宮内大臣は考えたることなるべきも、
果たして任に堪えるや否や懸念なり。
ただし李垠王は李堈公と異なり別段邪路に入らるる懸念はなかるべし。
今後朝鮮の野心家がこれを誘導する事さえなくば、別段の事なかるべし。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正09年05月24日

石原健三の台詞

山縣伊三郎は李堈公につき名案を有しおれり。
自分「その名案は斉藤実に話したりや」と言いたるに、山縣「話したり」と言えり。
山縣の名案と言うは、李堈公には充分に酒を飲ましめかつ婦人を侍らせしめ、
早く生命を縮める事が上策なりと言うことなり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年02月06日

朝鮮総督府官僚上林敬次郎の台詞

李堈公の東京遊学の事は、李王・李埈公寡婦とも承諾あるも李熹公の寡婦のみ承諾せず。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年09月01日

倉富&李垠王付事務官高義敬&李鍝公付事務官仁木義家の会話

倉富◆先頃は李堈公の上京には李熹公の寡婦の反対ありたるとのことなるが如何なりしか。
仁木◆此節は李熹公の寡婦には反対なく李埈公の寡婦に反対ありたり。
倉富◆反対者が替りたりや。
仁木◆李埈公妃の反対は上京に反対せられたるにあらず。他に事情ありたる。
高◆李埈公妃は李鍝公付属官寺尾熊之介の非行を暴き、
寺尾と李熹公妃との私事まで言及したる趣にて、
寺尾をそのままにして李鍝公付となしおく訳にはいかず。
倉富◆李埈公妃それまでに言いたるはかえってよろしかりし。
いつまでの寺尾に非行を隠しおく訳にはいかず。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正10年04月10日

高義敬の台詞

純宗が李海昇侯爵をして北京へ行かしめ尹沢栄侯爵〔純宗妃の父〕を呼び返す趣なり。
尹は負債はあるに相違なきも私に貯えおる資産はあり。誠に困りたる有様なり。
純宗妃はますます憂鬱となり今日にては実家の事も何も気にする模様なし。
これまでたびたび尹の負債整理を為したるが、いつも債主は作り者にて実際の負債にあらざるものを持ち出して出金せしむる様の事多し。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正10年05月19日

尹沢栄は初め北京にありたるも今は天津にあり。
朝鮮総督府より巡査1人を付け置くが、その巡査の報告にても尹は非常に窮しおり、衣食にも困し、わずかに娘の純宗妃より贈る金にて衣食しおるとのことにて、数十万・数百万の金を貯えおるものとは思われず。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正11年09月11日

小山善が李鍝公を診察したるに、腺病質にて神経鋭く体質はよろしからず、充分摂養する必要ありと言いおれり。

高◆李鍝公の歳入は不動産純収入5万円・有価証券の収入2万円・他に3万円・計10万円なり。
李堈公は何も無し。1ヶ月の使用金が1000円なる由なるが別邸7,8戸もあり、なかなか1000円にて足るものにあらず。多々借金しおるとの事なり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正12年03月14日

高◆李王職より李堈公に給する歳費は2万5000円の予定なる様に聞きおりたるが、その後4万4000円に増額したる趣なり。
倉富◆予も聞きおれり。李堈公は乱費せらるるゆえ多額を給するはよろしからずとの意見あるも、正当に支出すれば体面を損せずして暮らさるるだけの金を給しおかざるべからず。4万4000円と資産より生ずる利子と漁場より生ずる利益とを合せたらばかれこれ10万円にはなるべく、これだけあらば乱費せられざれば不足はなかるべきにつき増額したるは相当と思う。乱費すべしと言うて始めより相当ならざる待遇を為すは不可なり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正13年05月30日

倉富&朝鮮総督府官僚有吉忠一の会話

倉富◆李堈公が内地人看護婦を妾となしたる事を談したる由。
有吉◆かの事は関係を絶ちたり。
倉富◆予も聞きたり。しかし関係を絶ちたるは最近にて誰も知らずとの事なりし故、君がいまだ知らざる事もあらんかと思いたり。
最近関係を絶ちたる看護婦は李堈公は関係なかりしという事なるが、果たしてしかるや。
有吉◆否、関係ありたり。
[PR]
by oMUGIo | 2001-12-28 00:00 | 皇族
<< 方子妃 朝融王 その4 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング