直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

有馬伯爵家 久留米藩主 その9

*昭和02年03月21日 有馬頼万死亡。
*昭和02年04月01日 有馬頼寧襲爵。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬頼寧伯爵の日記 昭和02年04月28日

午後9時過ぎ帰宅。自分の家に帰ってなぜこんな気まずい思いをしなければならないのか。
旅行をすると言うて家を空け女の所にいたのだから、気おくれのするはずだ。
妻の他に女があるということは本当に悪いことなのだろうか。
一夫一婦制という習慣に基づく約束、それを道徳と言う。
そうしたものに縛られているべきなのだろうか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月08日

※芸者【種千代】=木村初江

長田屋に立ち寄り、【年菊】と【種千代】を呼んで6時まで遊ぶ。
種千代という子、可愛らしい。
種千代という女は近頃になく私の心を捕えた。
身丈は5尺にも足らぬ小作りで肉もあり顔が良い。
日本人の多く持つ欠点の、鼻と口に難がない。
目つきも良い、髪も長い。そして利口である。私はこういう女が好きでたまらぬ。
もう浮気な心は起こすまいと思うけれど、こうしたのにぶつかるとまた心が若んでくる。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月09日

初恵、九州に発つ。停車場に送り銀座に行く。長田屋に行き種千代を呼ぶ。
まだ寝ていたのを起きてくる。土曜だから多分旦那さんでも来たのであろう。
羨ましいと思う。衣服といい持物といい、ずいぶん良い物をしているから
よほど良い人が付いているのであろう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月11日

午前10時より祥雲において愛子の命日につき御経をあげる。
それから長田屋に行き種千代に会い、6時半神田の青年会館に行く。
9時近く青年会館を出て9時過ぎ【蜂龍】に行き種千代に会う。
女将の話で旦那のある事を聞き落胆する。
何だかたまらなく寂しくなり、いろいろ言ったので本人も泣いていた。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月12日

長田屋に行く。ほとんど日参だ。
種千代の顔を見ていると何だか胸が塞がってくるような気がする。
私もまだ恋をする若さがあるかと思うと嬉しい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月13日

産みの父を知らず母は他に嫁いで、その家にいる事を苦にして商売に出た、
今まで力強い人を求めていて得られなかった、それが得られたので嬉しいと言っていた。
女難の相があると言われた私の一生は、ついに女難をもって終始している。
これが私の運命なのか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月14日

初江と私の間はこれからどうなって行くのか。毎日一度は顔を見ねば納まらぬ。
【龍土町】〔別の妾宅・庶子もいる〕など全然足は向かぬ。
済まぬと思いながら、【仲ノ町】は留守で幸せだ。
【新潟】など全然忘れてしまうことができる。
ただCとの関係が初江との関係とこんがらがって、
将来何らかの面倒を引き起こすのではあるまいか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月15日

今朝初江から可愛い手紙をもらい、ネクタイをもらう。可愛い。
彼女の志は本当に嬉しい。こうした社会に本当の嬉しい意気がある。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月16日

Cが待ち遠しがって電話など掛けてくる。
【肥沼】に気の毒だ。それに初江に知れたら、さぞ残念に思うだろう。
可哀想だ。今日は初江から二度も手紙が来る。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月18日

Cと初江から電話が掛かってくる。少々困る。
が、一生懸命になっていると思えば気の毒にも思う。
どうしたら女というものから遠ざかれるようになるのか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月19日

11時半蜻蛉に行きCと食事をする。3時より長田屋に行き初江に会う。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月21日

明日もまた初江に会う約束をする。Cには断って。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年07月22日

午後2時長田屋に行き初江に会う。5時までいる。
初江が私に傾注しているため蜂竜の方では非常に心配しているらしい。
ただし本人はこの心をどうすることもできぬと言うている。
Cが電話をかけてきたが断る。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年08月06日

初江と今のうちに別れた方がよいと思って話したが、とてもそんな気にはなれぬらしい。
可哀想だからこのままにしておこう。先の事を考えると多少心配だけれど仕方がない。
その時はその時の事にする。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬日記 昭和02年08月16日

なんだか次恵に会いたくて仕方がない。早く帰ればよいと思う。
【民子】の所へ行かねばならぬとは思うが、泰〔庶子〕の事を思うと足が向かぬ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2004-03-19 00:00 | 武家華族
<< 鍋島子爵家 小城藩主 有馬伯爵家 久留米藩主 その8 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング