直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

松平子爵家 浜田藩主

◆松平武聡 最後の藩主
1842-1882
もと水戸徳川斉昭の子


■妻 佐倉藩主堀田正睦の子 寿子
1847-1893 


●熊若丸 次代当主松平武修となる
●斐二郎
●鞆子  松平容大子爵夫人
●清子  伊達宗定子爵夫人
●恒吉
●藤子





◆松平武修
1865-1920


■前妻 宗重正伯爵の娘 全子
1869-1888


■後妻 松江藩主松平定安の娘 雅子
1870-


●武親 次代当主
●清修 竹腰清修となる
●鈴子
●吉修 次々代当主





◆松平武親
1892-1955


■妻 久世広業子爵の娘 敏子
1898-1920 


●久美子 花輪英孝夫人


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正10年04月13日

宮内官僚仙石政敬子爵の台詞

松平武親子爵、品行不正にして某電気会社の社長となり、商法違反の事もある模様なる趣、
その親族より話を聞きたるにつき警察に依頼して取り調べたる所この書面の通りなり。
松江の松平直亮伯爵はその親族なる趣にて、かねてその事につき心配しおる。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正10年04月14日

宮内官僚仙石政敬子爵の台詞

今日徳川圀順侯爵を召い松平武親の事を話したるに、
徳川も「かねてより懸念しおる事なるが、
今日の注意もありたる上はなおこれを戒むべし」と言えり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆松平吉修●子供ナシ
1910-1977
先代武親の弟
[PR]
by oMUGIo | 2004-07-13 00:00 | 武家華族
<< 牧野子爵家 長岡藩主 京極子爵家 峰山藩主 >>


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング