直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

<   2001年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小松宮家 その2

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
頼子妃の甥 有馬頼寧伯爵

その頃宮家というものは生活は豊かではありませんでした。
例えばその頃の宮家の妃となる方は、多く金のある大名から迎えられていました。
それは生活が豊かでなかったからで、
私の家でも小松宮へ妃殿下を差し上げたため相当多くの費用を使った事は事実で、
妃殿下のお里で面倒を見なければ宮殿下の御洋行の費用など出所がなかったのです。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
宮内官僚 長崎省吾

聖上の御厳格に反し皇族方はとかく御品行よろしからず、恐れ入るなり。
なかんずく小松宮彰仁親王はわけてのことなり
過日も高崎正風小松宮別当来り言うは、とても御補佐はできず閉口なりと。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
宮内大臣 土方久元伯爵

小松宮彰仁親王は一体嫉妬深く、その頃より今日に至るまで大不平にて、
伏見家のことは何にてもとかく御妨げあり、少しも円満ならず。

〔彰仁親王は〕伊勢神宮の祭主を御懇望あらせられ候らえども、
なにぶん御不行跡の御事なれば、(明治天皇は)祭主はしかるべからざるとの事より、
賀陽宮邦憲王に仰せつけられ候。


「その頃より今日に至るまで大不平にて」というのは、
父伏見宮邦家親王が隠居した時、自分ではなく弟の貞愛親王が当主となったことである。
邦家親王は子沢山で、男女合わせて50人以上の子供がいた。
しかし彰仁親王は側室の生んだ庶子で、
弟の貞愛親王は正妻が生んだ嫡子であるから仕方のないことなのである。
事実彰仁親王より年上の庶子の兄たちも伏見宮の当主となれず別宮を創設している。
しかし当たり前のことを辛抱できないのが彰仁親王なので、
伏見宮家はその後も何かと彰仁親王に絡まれることになる。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
明治天皇紀 明治22年02月14日

有栖川宮威仁親王その宿願を聴され再び欧州差遣の命を蒙るや、
妃慰子かねてより視察の希望あるをもって同行せんことを欲す。
天皇すぐにこれを斥け「婦女の洋行はいたずらに西欧の物質文化に眩惑せられ、
娯楽または奢侈の悪風を助長するに過ぎず」と為して敢えて聴したまうの意なし。
先年小松宮彰仁親王、妃を伴いて欧州に抵しが、
いたずらに宝石・衣類等を購いしが如き結果にかんがみたまうなり。
父有栖川熾仁親王さらにこれを請えどもついに肯じたまわず。
よりて親王、自費をもって同行せしめんことを請うに及び、
天皇はじめて「そは勝手たるべし」との仰せあり。
これにおいておいて威仁親王の願意ようやく達し、
この年01月10日慰子の徴行して侯爵前田利嗣夫婦と共に洋行するを許したまう。
利嗣は慰子の兄なるをもって、慰子これと同行しその費は利嗣をして支弁せしむることとせるなり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
明治天皇紀 明治36年01月31日

小松宮彰仁親王の請を充し依仁親王をして彰仁親王の継嗣たる事を止め、
別に一戸を立てて東伏見宮と称せしめたまう。
彰仁親王男子なきをもって故北白川能久親王の第四子輝久王を養うこと子の如くす。
依仁親王は既に継嗣と為れりといえども彰仁親王はこれに遺産を伝うるの意なく
ついに自ら臣籍に下り別に養子を納れてその跡を継がしめんと欲し、
去年04月まさにイギリスに航せんとするに臨み宮内大臣田中光顕子爵に告げ詮議するに、
「もし輝久王をして遺産を継がしめ、これを臣籍に列して侯爵を授け、
小松氏を称するを得しめば、自ら臣籍に下るの一事を断念すべく、
依仁親王には別に家号を賜りて一戸を立てしめんと欲する」の旨をもってす。
こと宸聴に達す。天皇、その情を憐みてこれを充し、ついにこの恩命を下したまえるなり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
明治天皇紀 明治40年02月26日

北白川宮能久王の寡妃富子および小松宮彰仁親王の寡妃頼子相議し、
能久親王の子輝久王をもって彰仁親王の遺跡を継がしめんがため、
皇族の身位を改むることなくその嗣子と為さんと欲し上書してこれを請う。
天皇、侍従長侯爵徳大寺実則をして伊藤博文の意見を徴せしめたまう。
伊藤以為らく「皇族の養子を許さざるは皇室典範に明文あり。
ゆえに皇族の身位を改めずしてその嗣子と為すことは則ち不可なり。
ただし勅旨または情願をもってこれを臣籍に降し、授くるに公侯爵中の一をもってし、
なお適当の資産を下賜し、もってその嗣と為さば則ち可ならん」と。
天皇、伊藤の意見に基づき翌日徳大寺をして命を宮内大臣子爵田中光顕に伝え、
富子・頼子二妃の情願を斥け、輝久王を臣籍に降ろして公侯爵中の一を授け、
小松の家号を賜い、彰仁親王の遺跡を継がしむべき旨懇諭せしめたまう。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
彰仁親王は子供が無かったため異腹の弟依仁親王を養子に迎えていた。
当然小松宮家は依仁親王によって継がれるはずであったが、
突然彰仁親王は自分の臣籍降下と北白川宮輝久王を養子にすることを主張する。
輝久王は彰仁親王と同腹の弟北白川能久親王が側室に生ませた子である。

当然宮内大臣はこれをしりぞける。
すると今度は輝久王だけでも臣籍降下させて侯爵にして自分の遺産を相続させてくれたら、
自分の臣籍降下はあきらめると主張する。
根負けした政府はこれを認め、依仁親王には東伏見宮を創設した。

ところが東伏見宮が創設された直後に彰仁親王が死亡、小松宮家の当主の座が空白となった。
そこで今度は彰仁親王の妻頼子妃と北白川宮能久親王の妻富子妃の二人が、
輝久王を臣籍降下させず皇族のまま小松宮家を相続させたいと主張した。
明治天皇はこれを一蹴、当初の予定通り輝久王は臣籍降下して小松輝久侯爵となった。

彰仁親王がそこまで依仁親王に相続させることを嫌がった理由ははっきりしていないが、
彰仁親王と依仁親王は別々の側室の子、彰仁親王と能久親王は同じ側室の子、
異腹の弟ではなく同腹の弟の子に遺産を遺したかったのかもしれない。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2001-04-12 00:00 | 皇族

小松宮家 その1

東京本邸 赤坂区葵町 (現:港区虎ノ門)

浅草別邸 浅草区橋場 (現:台東区橋場)

三島別邸
a0287992_1595012.jpg

a0287992_23281.jpg



◆小松宮彰仁親王●子供ナシ
1846-1903 弘化30-明治36 57歳没
もと伏見宮邦家親王の子 小松宮家を創設するが子供がなかったため廃絶

*イギリスに留学

*わがままな言動が多く、お騒がせ宮様の一人であった。
a0287992_0163.jpg

横顔・後姿などの写真が多く、かなりのナルシストと見た。
a0287992_011655.jpg

a0287992_2105621.jpg

a0287992_012174.jpg
a0287992_013031.jpg

a0287992_012568.jpg



■妻 久留米藩主有馬頼咸の娘 頼子
1852-1914 嘉永05-大正03 61歳没

*夫妻でヨーロッパに外遊した際に宝石・ドレスを買いあさり、
帰国後明治天皇に激怒された。
a0287992_024064.jpg
a0287992_024438.jpg
a0287992_025236.jpg
a0287992_025732.jpg
a0287992_03175.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2001-04-11 00:00 | 皇族

多嘉王家 その2

●恭仁子女王 二条弼基公爵夫人
●家彦王    宇治家彦伯爵となる 鷹司信輔公爵の娘量子と結婚
●徳彦王    龍田徳彦伯爵となる →後に梨本宮家を相続して梨本徳彦となる
久邇宮朝融王の娘正子女王と結婚・熟年離婚


●恭仁子女王 二条弼基公爵夫人
a0287992_1144324.jpg


●徳彦王    龍田徳彦伯爵となる → 後に梨本宮家を相続して梨本徳彦となる
久邇宮朝融王の娘正子女王と結婚・熟年離婚
a0287992_11445474.jpg





多嘉王&静子妃
a0287992_2435527.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2001-04-10 00:00 | 皇族

多嘉王家 その1

◆多嘉王
1875-1937 明治08-昭和12 62歳没
久邇宮朝彦親王の子
a0287992_2316483.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
久邇宮家側では西久邇宮を創設させたかったようだが、かえって臣籍降下の話も出てしまった。
結局多嘉王一代のみ久邇宮家の部屋住み皇族のままで終わった。
(子供たちは皇族ではないため華族となった)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正11年09月17日

倉富&久邇宮家宮務監督国分三亥の会話

国分◆多嘉王が臣籍降下せらるれば、他の皇族の降下と同様の取扱になるべきや。
倉富◆だいたいにおいて同様ならん。
国分◆先年多嘉王の降下問題ありたるも、その時は下賜金は5,6万円ぐらいにつき
久邇宮付職員においてとうてい話にならずとてお勧めもせざりしとの話をなしおれり。
今日にては100万円も賜れば現在2万6000円の歳費よりも利息だけにて多額なるゆえ、
その方が利益なるようなりとの話をなせり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


■妻 水無瀬忠輔子爵の娘 静子
1884-1959 明治17-昭和34 75歳没
a0287992_040197.jpg

a0287992_23162366.jpg

a0287992_23163356.jpg

a0287992_0401993.jpg

a0287992_23164318.jpg



●恭仁子女王 二条弼基公爵夫人
●家彦王    宇治家彦伯爵となる 鷹司信輔公爵の娘量子と結婚
●徳彦王    龍田徳彦伯爵となる →後に梨本宮家を相続して梨本徳彦となる
久邇宮朝融王の娘正子女王と結婚・熟年離婚
[PR]
by oMUGIo | 2001-04-09 00:00 | 皇族

梨本宮家 その2

●方子女王 李垠王妃 昭和天皇のお妃候補の一人であった
●規子女王 山階宮武彦王の後妻として婚約解消・広橋真光伯爵と結婚


●方子女王 李垠王と結婚 昭和天皇のお妃候補の一人であった
a0287992_2232730.jpg
a0287992_2233235.jpg
a0287992_2233731.jpg
a0287992_2234149.jpg
a0287992_2234567.jpg
a0287992_2234936.jpg
a0287992_2235568.jpg
a0287992_2235964.jpg



●規子女王 山階宮武彦王の後妻として婚約解消・広橋真光伯爵と結婚

*前妻を亡くした山階宮武彦王と婚約したが武彦王の発狂により破談、広橋真光伯爵と結婚
a0287992_3334734.jpg

a0287992_2165194.jpg

a0287992_2165856.jpg

a0287992_217835.jpg

a0287992_2171699.jpg

a0287992_217228.jpg

a0287992_334767.jpg



左から 方子女王 守正王 伊都子妃 規子女王
a0287992_3342774.jpg


左から 規子女王 伊都子妃 広橋真光伯爵 守正王 方子女王 李垠王
a0287992_3342191.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2001-04-08 00:00 | 皇族

梨本宮家 その1

東京本邸 豊多摩郡渋谷町 (現:渋谷区渋谷)
a0287992_350735.jpg
a0287992_3501794.jpg

大磯別邸
a0287992_3502759.jpg

河口湖別邸
a0287992_3503317.jpg

熱海別邸


◆梨本宮守脩親王
1819-1881 文政02-明治14 62歳没
もと伏見宮貞敬親王の子 梨本宮を創設する
a0287992_2364043.jpg






◆梨本宮菊麿王
もと山階宮山階宮晃親王の子 梨本宮を継承するが、後に山階宮に復帰した。





◆梨本宮守正王
1874-1951 明治07-昭和26 78歳没
もと久邇宮朝彦親王の子

*フランスに留学
a0287992_2372214.jpg
a0287992_2372763.jpg



■妻 鍋島直大侯爵の娘 伊都子
1882-1976 明治15-昭和51 94歳没
a0287992_2373821.jpg
a0287992_2374316.jpg
a0287992_2374871.jpg
a0287992_2375390.jpg
a0287992_2375930.jpg
a0287992_238485.jpg
a0287992_238831.jpg
a0287992_2381395.jpg
a0287992_2381939.jpg
a0287992_2382542.jpg
a0287992_2383116.jpg
a0287992_2383692.jpg
a0287992_2384248.jpg
a0287992_2384832.jpg
a0287992_2385497.jpg

ロシアにて
a0287992_239516.jpg

ドイツにて
a0287992_2391988.jpg

a0287992_2392942.jpg
a0287992_239351.jpg
a0287992_2394077.jpg
a0287992_2394752.jpg
a0287992_239535.jpg
a0287992_240368.jpg
a0287992_2401040.jpg
a0287992_2401760.jpg
a0287992_2402375.jpg
a0287992_2402986.jpg
a0287992_2403687.jpg
a0287992_2404857.jpg
a0287992_2405420.jpg
a0287992_241226.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
伊都子が梨本宮に嫁いだ際は婚礼行列が行われた。
洋服箪笥・黒塗紋付箪笥一対・桐紋付金物一対・箪笥一対・中箪笥一対・小箪笥一対
・黒塗長棹一対・白木長棹一対・道具入り長棹6個などなど、行列は2日間続いた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


●方子女王 李垠王妃 昭和天皇のお妃候補の一人であった
●規子女王 山階宮武彦王の後妻として婚約解消・広橋真光伯爵と結婚





◆梨本儀光
1939- 昭和14-
先代の孫/規子女王の二男広橋儀光を養子に迎えるが離縁
a0287992_337514.jpg






◆梨本徳彦●子供ナシ
1922-2007 大正11-平成19 84歳没
もと多嘉王の子徳彦王/龍田徳彦伯爵
夫婦で梨本家の養子となる
a0287992_3374050.jpg

a0287992_22285251.jpg



■妻 久邇宮朝融王の娘 正子女王 熟年離婚
1926- 大正15-


●徳久
●豊子
●鑑代子
[PR]
by oMUGIo | 2001-04-07 00:00 | 皇族

竹田宮家 その2

●恒徳王  次代当主
●礼子女王 佐野常光伯爵夫人


左から 恒徳王 光子妃 礼子女王
a0287992_2473536.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2001-04-06 00:00 | 皇族

竹田宮家 その1

東京本邸 芝区高輪南 (現:港区高輪)
a0287992_2281240.jpg
a0287992_2281818.jpg
a0287992_2282285.jpg

軽井沢別邸


◆竹田宮恒久王
1882-1919 明治15-大正08 36歳没 
もと北白川宮能久親王の子 竹田宮を創設

*大流行したスペイン風邪で死去
a0287992_120946.jpg

a0287992_11564063.jpg



■妻 明治天皇の娘 昌子内親王
1888-1940 明治21-昭和15 51歳没

*何かと口をはさみたがる、やかまし屋の宮妃の一人であった。

a0287992_1203021.jpg

a0287992_1205020.jpg

a0287992_11572048.jpg

a0287992_1201686.jpg
a0287992_1202069.jpg

a0287992_11575780.jpg

a0287992_121308.jpg

a0287992_1211187.jpg

a0287992_1212082.jpg

a0287992_11584086.jpg



●恒徳王  次代当主
●礼子女王 佐野常光伯爵夫人


左から 礼子女王 昌子妃 恒徳王
a0287992_1395692.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<不成績な恒徳王>

枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正10年01月17日

学習院院長一戸兵衛の台詞

先例にてもこれまで〔皇族の〕落第の例なく、
竹田宮恒久王のごときはよほど不成績なりしも進級せしめあり。
陸海軍の学校にてもかつて落第の例なし。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正13年03月01日

倉富&宮内官僚西園寺八郎の会話

倉富◆竹田宮昌子妃は時々意地悪き事をなさるる事あり。
西園寺◆その通りなり。先日も皇太子妃〔香淳皇后〕に対し
「東伏見宮周子妃があまり度々参殿せらるるは御困りなるべきにつき、
皇太子妃より母久邇宮俔子妃に書状を送りその事を通知し、
俔子妃より周子妃に話してあまり度々参殿せらず様になされたらばよろしからん」と言われ、
皇太子妃はその言に従いすでに俔子妃に送る書状を作られたるが、
女官長がこれを聞き「それはよろしからず」と言うて止めたる趣なり。
周子妃が皇太子妃の輔導を為さる事は貞明皇后も御承知の事にて、
宮内大臣より周子妃に申し上げその事に為りおりたるに、
昌子妃がそばよりこれを妨げらるるは実に怪しからん事なり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正13年04月22日

西園寺八郎の台詞

昌子妃は皇太子妃の御輔導の如き意味にて時々参殿せらるるが、その結果甚だ懸念なり。
昌子妃はかねて貞明皇后は臣籍より入りおらるるとの考えにて御感よろしからず。
また大奥にて東宮妃の事を御息所と称しおれり。
「御息所は臣籍より上りたる者の称にて、皇族より上りたる者はぜひ妃殿下と言わざるべからず」
と皇太子に御話ありたる趣にて、皇太子よりその後話ありたる。
先日も皇太子妃が私室にて縞の着物を召したしとの事なりしが、
せめて紋服を召す様申し上げたるに、
昌子妃より平常縞の着物を服するは少しも差支えなしとの御話ありたる由。
左の如き事にて甚だ困る。昌子妃は単独にては御参宮なさらざる様に致したき事に考えおれり。
妹北白川房子妃は温順なる方なるにつき、同妃と御一緒に御参宮せらるる様になりたしと思う。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
有馬頼寧伯爵

恒久王殿下の御生涯は決して御幸福ではなかった。
私からみれば、むしろ御不幸な御生涯というべきである。
それにもかかわらず特に不平をもらせらるる様な事もなく、
むしろ周囲の人が御同情申し上ぐるくらいであった。
何事にもよらず御遠慮がちで、御心に思はせられた事でも御口に出さるる事はなく、
一人御苦しみ遊ばされた事も少なくなかった様だ。
私はこのたび御重体の時より御臨終の時に亘って、
昌子妃殿下の取られた処置に対しては敬服に堪えなかった。
ただ惜しむらくは、あまりに剛毅にして女としての御柔みを欠かせられた事は、
御家庭をして幾分御不幸ならしめた原因である。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆竹田宮恒徳王
1909-1992 明治42-平成04 83歳没
a0287992_124572.jpg
a0287992_125495.jpg



■妻 三条公輝公爵の娘 光子
1915-2013 大正04-平成25 98歳没
a0287992_1253932.jpg

a0287992_1255024.jpg

a0287992_1224159.jpg

a0287992_1255942.jpg

a0287992_1262636.jpg

a0287992_123127.jpg

a0287992_1261479.jpg

a0287992_2232728.jpg



●恒正王  次代当主
●素子女王 佐野博夫人 
●紀子女王 渡辺宣彦夫人
●恒治王
●恒和王


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正12年01月08日

宮内官僚小原駩吉の台詞

竹田宮家の自動車がついに人を負傷せしめたる
本月03日司法省の前にて侍女を乗せたる自動車が3人を負傷せしめ、
1人は足を敷き1人は撥ね飛ばされて頭部を打ち1人は擦過傷を負い、
2人は築地の林病院に入りおり、その自動車には竹田宮の御紋章を付けおり、
大阪の新聞にはちょっとこの事を書きたるも東京にては禁じおる由なり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆竹田宮恒正王
1940- 昭和15-
a0287992_15575018.jpg



■妻 財閥根津嘉一郎の娘 恭子
1948- 昭和23-


●浩子
●恒貫
[PR]
by oMUGIo | 2001-04-05 00:00 | 皇族

山階宮家 その2

●前妻の子 武彦王 次代当主
●前妻の子 芳麿王 山階芳麿侯爵となる 酒井忠道伯爵の娘寿賀子と結婚
●前妻の子 安子女王 浅野長武侯爵の後妻となる
●後妻の子 藤麿王 筑波藤麿侯爵となる
毛利高範子爵の娘喜代子と死別・肥田和三郎の娘貞子と再婚
●後妻の子 萩麿王 鹿島萩麿伯爵となる 早逝
●後妻の子 茂麿王 葛城茂麿伯爵となる 細川護立侯爵の娘敏子の前夫・本人死別


左 藤麿王  右 荻麿王
a0287992_1393443.jpg



●芳麿王 山階芳麿侯爵となる 酒井忠道伯爵の娘寿賀子と結婚 
a0287992_3211845.jpg



●安子女王 浅野長武侯爵の後妻となる
a0287992_32388.jpg



●藤麿王 筑波藤麿侯爵となる
毛利高範子爵の娘喜代子と死別・肥田和三郎の娘貞子と再婚
a0287992_3243820.jpg



●萩麿王 鹿島萩麿伯爵となる 早逝
a0287992_326778.jpg



●茂麿王 葛城茂麿伯爵となる 細川護立侯爵の娘敏子の前夫・本人死別
a0287992_3515373.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<不成績な萩麿王&茂麿王>

枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正10年01月17日

倉富&宮内大臣牧野伸顕伯爵の会話

牧野◆学習院の福原鐐二郎が「茂麿王の学業はなはだ不成績にて、
教員の意見も同一の中等科3年を修めしむる方相当なりと言う者と
成績は悪しくとも皇族なるゆえ進級せしむべしという者と相半する」旨を告げたる。
茂麿王の兄萩麿王は学業劣等なるに関わらず
中学4年より5年を飛びてすぐに高等科に進めたる事ある由にて、
比較上茂麿王の落第を躊躇する模様なり。
倉富◆予もその事は院長一戸兵衛より聞きたり。
「茂麿王は数学と英学とは全く不合格にて、
今後1年間修業なされても果たして進歩あるや否や見込立たず。
先例にてもこれまで落第の例なく、
竹田宮恒久王のごときはよほど不成績なりしも進級せしめあり。
陸海軍の学校にてもかつて落第の例なし。いずれにするか惑いおる」様に談しおり。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2001-04-04 00:00 | 皇族

山階宮家 その1

東京本邸 麹町区富士見町 (現:千代田区富士見町) 敷地5,500坪
a0287992_1575996.jpg
a0287992_158457.jpg

鎌倉別邸


◆山階宮晃親王
1816-1898 文化13-明治31 81歳没
もと伏見宮邦家親王の子
a0287992_3121338.jpg

a0287992_3121818.jpg



■妻帯せず


★側室 中条千枝子
a0287992_3164469.jpg



●千枝子の子 菊麿王 次代当主


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2歳年下の叔母にあたる伏見宮貞敬親王の第11王女幾佐宮隆子女王と駆け落ちして
伏見宮から除籍される。後に許されて山階宮を創設する。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
曾孫 筑波常治

女の道にかけては大家だったということです。門跡の身でありながら駆け落ちをやらかす。
高野山目指して登って行ったらしい。途中で捕まったんですね。
時あたかも天皇だかその身内だかの御不例の最中で、東寺に謹慎になっちゃった。
でも少しもジッとしていない。
天下の情勢について抱負経綸を持っていたらしくて、志士が盛んに出入りした。
新左翼を煽っている造反教官というところですな。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆山階宮菊麿王
1873-1908 明治06-明治41 35歳没
a0287992_3123541.jpg

a0287992_3124161.jpg



■前妻 九条道孝公爵の娘 範子 妹は貞明皇后
1878-1901 明治11-明治34 22歳没
a0287992_3131212.jpg

a0287992_3125966.jpg
a0287992_313469.jpg

a0287992_3131874.jpg



■後妻 島津忠義公爵の娘 常子 妹は久邇宮俔子妃
1874-1938 明治07-昭和13 64歳没
a0287992_3133768.jpg
a0287992_3134298.jpg

a0287992_1483987.jpg

a0287992_3135469.jpg

a0287992_314251.jpg
a0287992_314888.jpg
a0287992_314143.jpg
a0287992_3142059.jpg



●前妻の子 武彦王 次代当主
●前妻の子 芳麿王 山階芳麿侯爵となる 酒井忠道伯爵の娘寿賀子と結婚
●前妻の子 安子女王 浅野長武侯爵の後妻となる
●後妻の子 藤麿王 筑波藤麿侯爵となる
毛利高範子爵の娘喜代子と死別・肥田和三郎の娘貞子と再婚
●後妻の子 萩麿王 鹿島萩麿伯爵となる 早逝
●後妻の子 茂麿王 葛城茂麿伯爵となる 細川護立侯爵の娘敏子の前夫・本人死別





◆山階宮武彦王●子供ナシ
1898-1987 明治31-昭和62 89歳没

*妻と死別した頃から武彦王は精神を病み、亡くなるまで入退院を繰り返した。
後妻として梨本宮規子女王と婚約したが、発狂を理由に破談となる。

a0287992_3145441.jpg
a0287992_31503.jpg

a0287992_1142091.jpg



■妻 賀陽宮邦憲王の娘 佐紀子女王 死別
1903-1923 明治36-大正12 20歳没

*佐紀子妃は初めての子供を妊娠中に鎌倉の別邸で関東大震災に遭い圧死。

a0287992_116444.jpg

a0287992_1165247.jpg

a0287992_117387.jpg

a0287992_3154457.jpg
a0287992_3155099.jpg
a0287992_3155831.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<武彦王と梨本宮規子妃との縁談>

枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正13年04月08日

賀陽宮好子妃の台詞 (佐紀子妃の母親、佐紀子妃死亡後の台詞)

皇族の内情には面白からざること多し。
武彦王より梨本宮規子女王の書状を受け取りたる事を話されたる事あり。
これは山階宮常子妃より規子女王との結婚を促進する事を望まれたるものに相違なし。
規子女王の書状を届くる事を梨本宮伊都子妃より依頼せられたる事もあり。
外国にてはこの如き事あるやも知らざれども、実に極端なる事なり。
武彦王は自分に「規子女王が意ある様なり」と言わるるにつき、
「なぜ初めより規子女王と婚せざりしや」と言いたるに、
「初めは意ある事を知らざりし」と言いたり。実に驚きたる事なり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<武彦王と梨本宮規子妃との縁談>

倉富日記 大正13年09月16日

賀陽宮好子妃の台詞

武彦王は規子女王を娶りたき旨、
梨本宮家に申し込まれず宮内大臣に申し込まれたる趣。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<武彦王と梨本宮規子妃との縁談>

倉富日記 大正13年10月01日

山階宮家宮務監督大石正吉&宮内次官関屋貞三郎の会話

大石◆武彦王は規子女王を娶らるる意あり。宮内大臣牧野伸顕は
「規子女王の性質につき懸念あるにつき、更に他の人を詮索してみるべき」旨を大石に申し聞け、
大石は賀陽宮好子妃の意向を伺いたるところ、
好子妃は「規子女王にてよろしからん」と言われたり。
しかし牧野よりの談あるにつき、これより第二の候補者を探してみるべし。
ただし武彦王が考えを変えらるるほどの候補者を得る事は難しからんと思う。
関屋◆第二候補者を探すにしても、梨本宮家に分からざる様に為す必要あり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
倉富日記 大正13年12月12日

東久邇宮付事務官金井四郎の台詞

賀陽宮好子妃は武彦王についてはよほど不満なる様にてその口気を漏らされたり。
「規子女王が嫁せらるるが都合良く行くべきや」と言わるるにつき、
自分は「都合良く行くならん」と言いたるに、「何故なるや」と言わるるにつき、
「佐紀子女王は極めて温順なる方なりしが規子女王は言わばお転婆の方なり。
性行の等しき方ならば前妃と比較して見劣りのする事あれども、
性行があまり異なりおるゆえ比較する所なくかえってよろしからん」と言いたるに、
好子妃は「しかるべきか」と言われたり。
武彦王は結婚後1年ばかりは非常に親密なりしも、
その後に既に佐紀子女王にも飽きが生じおりたる趣なり。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2001-04-03 00:00 | 皇族


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング