直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

<   2004年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

堀田伯爵家 佐倉藩主 その2

●満利/万里子 亀田藩主岩城隆邦夫人
●寿子 鶴田藩主松平武聡夫人
●正倫 次代当主
●万 高崎藩主松平輝聴夫人
●重/道子 母里藩主松平直哉夫人
●千勢/うた子 長瀞藩主米津政敏夫人
●正顕 アメリカに留学 早逝


●満利/万里子 亀田藩主岩城隆邦夫人
a0287992_1145417.jpg



●寿子 鶴田藩主松平武聡夫人
a0287992_1146595.jpg



●万 高崎藩主松平輝聴夫人
a0287992_11463458.jpg



●重/道子 母里藩主松平直哉夫人
a0287992_1147935.jpg



●千勢/うた子 長瀞藩主米津政敏夫人
a0287992_11472277.jpg



●正顕 アメリカに留学 早逝
a0287992_13411265.jpg
a0287992_1341157.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2004-02-20 00:00 | 武家華族

堀田伯爵家 佐倉藩主 その1

◆堀田正睦
1810-1864 文化07-元治01 53歳没
a0287992_11475969.jpg



■妻 高田藩主榊原政令の娘 節子
 -1845  -弘化02


★側室 平田いく
a0287992_11481154.jpg



●満利/万里子 亀田藩主岩城隆邦夫人
●寿子      鶴田藩主松平武聡夫人
●正倫      次代当主
●万       高崎藩主松平輝聴夫人
●重/道子    母里藩主松平直哉夫人
●千勢/うた子 長瀞藩主米津政敏夫人
●正顕      アメリカに留学 早逝





◆堀田正倫
1851-1911 嘉永04-明治44 59歳没
a0287992_11483244.jpg
a0287992_11483620.jpg



■前妻 松江藩主松平斉斎の娘 吉子
1854-1882 安政01-明治15 28歳没
a0287992_1148489.jpg



■後妻 万里小路通房伯爵の娘 伴子
1867-1951 慶応03-昭和26 84歳没
a0287992_114909.jpg
a0287992_1149668.jpg

a0287992_1503041.jpg

左から 平田いく 伴子夫人 正倫 正倫の姉寿子の娘/鶴田藩主松平武聡の娘/松平容大夫人 
a0287992_11491296.jpg



●和子 婿養子を迎え次代当主とする





◆堀田正恒
1887-1951 明治20-昭和26 64歳没
もと鍋島直柔子爵の子 婿養子になる
a0287992_1504161.jpg



■前妻 先代正倫の娘 和子 死別
1894-1922 明治27-大正11 57歳没
a0287992_11494369.jpg

a0287992_1512397.jpg

和子&正恒夫妻 伴子夫人
a0287992_11495047.jpg

伴子夫人 和子
a0287992_11495815.jpg
a0287992_1150688.jpg



■後妻 伊達邦宗伯爵の娘 秀子
1902-1978 明治35-昭和53 76歳没
a0287992_23431832.jpg

a0287992_23432787.jpg



●正久 次代当主
●正之 坂田正之となる
●正昭
●直子 中島静思夫人
●英子 小佐野賢治夫人
●正治
●義宣 尾張徳川義知の娘三千子の婿養子になり徳川義宣となる
●昌子 菊池康英夫人





◆堀田正久
1915-2003 大正04-平成15 88歳没


■妻 新倉基次の娘 愛子
1927- 昭和02-


●正典
●正篤
[PR]
by oMUGIo | 2004-02-19 00:00 | 武家華族

池田侯爵家 岡山藩主 その2

●万寿子 婿養子を迎え次代当主とする
●千代子 池田政保子爵夫人 
●親忠  矢島藩主生駒親敬の娘厳子の婿養子になり生駒親忠男爵となる
●政時  池田政時子爵となる 京極高徳子爵の娘八重子と結婚
●銀子  柳原義光伯爵の前妻


●親忠 矢島藩主生駒親敬の娘厳子の婿養子になり生駒親忠男爵となる
a0287992_195982.jpg






●勝吉 池田勝吉男爵となる 上杉茂憲伯爵の娘覚子と結婚
●恒子 堀河護麿子爵夫人
●隆子 中川久任伯爵夫人
●信子 佐々木祐哲夫人
●勝順 西尾勝順となる
●鎮子 泉谷祐勝夫人


●勝吉 池田勝吉男爵となる 上杉茂憲伯爵の娘覚子と結婚
a0287992_12562557.jpg


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
池田勝吉男爵の孫 鮫島純子の手記 財閥渋沢正雄の娘/鮫島員重男爵夫人

池田茂政はお家付きの万寿子姫との間には男児に恵まれず、
側室との間に誕生した唯一の男子が母の父でした。
彼は自分が池田侯爵家の跡取りになるとばかり思い込んで成長したらしいのですが、
池田家本来の血筋を受け継いでおられる相良子爵家の方が御養子になられ
岡山池田本家を継がれました。
祖父は分家して男爵を授かり、私が物心ついた頃には、
子供の目から見ても芳しからぬ心情の日々を過ごしているように見えました。
侯爵とそれに伴う広大な領地への執着と、
当てが外れた人生への不満があったのかもしれません。

父は子会社を作り、名前だけの社長として祖父の収入にしてあげていました。
振り込みが遅れると待ちきれず、娘を当てに受け取りに来訪。
岳父が気がねなくお金を受け取れるよう父は配慮して振り込みにしていたのですが、
そんな思いやりもむなしく悪びれる様子もない祖父の態度は、
父方の祖父である栄一とのあまりの差にさびしい気がしたものでした。

夜 帰宅した父に「申し訳ございません」と低姿勢で詫びる母に対して、
「いいじゃないか。男の照れ隠しが尊大ぶったスタイルになるんだよ」とかえって母を慰め、
「もらう立場よりあげられる立場の方がありがたいさ」と父はあっさり言っているのを聞きました。
もっともある時 父は足の爪を切りながら、岳父にまた母の異母妹〔妾の子〕が誕生したと聞いて、
「母さんの係累がこんなに増えると知ってたら女房にもらわなかったなあ。
あれだけは斉昭公〔勝吉の祖父水戸藩主徳川斉昭〕の隔世遺伝かなあ」
と冗談交じりに苦笑していました。

(勝吉の死亡時)
父は葬式の準備の指揮をとりました。
私は初めて見る4歳、2歳の幼い【叔父】【叔母】の姿、
「殿様ぁ~」と遺体に泣きすがる妊娠中の側室、その光景の異様さにただ呆然としたものでした。
母はすでに生母の亡くなっている腹違いの弟たちの大学卒業と就職の面倒をみて、
妹の方は引き取って家の中のことなどを手伝ってもらいながら仲良く過ごし、
お嫁入りの世話もしました。
母の異母弟妹がみな穏やかな常識人として成人しましたのはありがたいことでした。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


●隆子 中川久任伯爵夫人
a0287992_0115610.jpg

a0287992_012557.jpg






●政保 池田政保子爵となる 先々代慶政の娘千代子と離婚・戸田氏良子爵の娘銓子と再婚
●詮政 次代当主





●前妻の子 博子 細川護立侯爵夫人
●後妻の子 鋠子 烏丸光大伯爵夫人
●後妻の子 温子 六条有直子爵夫人
●後妻の子 禎政 次代当主
●後妻の子 政鋹 池田政保子爵となる
壬生基義伯爵の娘綾子と死別・戸田氏秀伯爵の娘愛子と再婚
●後妻の子 宣政 次々代当主


●博子 細川護立侯爵夫人
a0287992_04967.jpg


●鋠子 烏丸光大伯爵夫人
a0287992_042448.jpg


●温子 六条有直子爵夫人
a0287992_043332.jpg


●政鋹 池田政保子爵となる 壬生基義伯爵の娘綾子と死別・戸田氏秀伯爵の娘愛子と再婚
a0287992_16295463.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2004-02-18 00:00 | 武家華族

池田侯爵家 岡山藩主 その1

東京本邸 荏原郡大崎町 (現:品川区大崎)
a0287992_1641349.jpg



◆池田慶政
1823-1893
もと中津藩主奥平昌高の子 昌朝


■妻 鴨方藩主池田政善の娘 宇多子
1830-1877 


●万寿子 婿養子を迎え次代当主とする
●千代子 池田政保子爵夫人 
●親忠  矢島藩主生駒親敬の娘厳子の婿養子になり生駒親忠男爵となる
●政時  池田政時子爵となる 京極高徳子爵の娘八重子と結婚
●銀子  柳原義光伯爵の前妻





◆池田茂政
1839-1899 文久03-明治32
もと水戸徳川斉昭の子 婿養子になる
a0287992_7213145.jpg



■妻 先代慶政の娘 万寿子
1848-1868 嘉永01-明治01


●勝吉 池田勝吉男爵となる 上杉茂憲伯爵の娘覚子と結婚
●恒子 堀河護麿子爵夫人
●隆子 中川久任伯爵夫人
●信子 佐々木祐哲夫人
●勝順 西尾勝順となる
●鎮子 泉谷祐勝夫人





◆池田章政
1836-1903
もと人吉藩主相良頼之の子
鴨方藩主池田政詮を経て当家池田章政となる
a0287992_23563419.jpg

a0287992_23565682.jpg



■妻 大垣藩主戸田氏正の娘 鑑子
1838-1906 天保09-明治39


●政保 池田政保子爵となる
先々代慶政の娘千代子と離婚・戸田氏良子爵の娘銓子と再婚
●詮政 次代当主





◆池田詮政
1865-1909
a0287992_23564764.jpg



■前妻 島津忠義公爵の娘 充子 離婚・松平直亮伯爵と再婚
1873-1958 明治06-昭和33 85歳没
a0287992_4473089.jpg



■後妻 久邇宮朝彦親王の娘 安喜子女王
1870-1920 50歳没
a0287992_22494949.jpg



●前妻の子 博子 細川護立侯爵夫人
●後妻の子 鋠子 烏丸光大伯爵夫人
●後妻の子 温子 六条有直子爵夫人
●後妻の子 禎政 次代当主
●後妻の子 政鋹 池田政保子爵となる
壬生基義伯爵の娘綾子と死別・戸田氏秀伯爵の娘愛子と再婚
●後妻の子 宣政 次々代当主


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
枢密院議長 倉富勇三郎男爵の日記 大正11年08月24日

宮内官僚小原駩吉男爵の台詞

壬生基義伯爵の性質は金銭に汚く品行不良にて、
妻篶子の姉妹の寡婦となりおる者と私したる事多く、
先年死去したる池田詮政の寡婦安喜子のごときもその一人にて
池田家の家職などはしきりに苦心したりし。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆池田禎政●子供ナシ
1895-1920 明治28-大正09 25歳没
a0287992_22511169.jpg






◆池田宣政
1904-1988
先代禎政の弟


■妻 津軽行雅男爵の娘 富貴子
1908-1978


●隆政 次代当主 





◆池田隆政●子供ナシ
1926-2012 大正15-平成24 86歳没
a0287992_413319.jpg

a0287992_4134038.jpg



■妻 昭和天皇の娘 厚子内親王
1931- 昭和06-
[PR]
by oMUGIo | 2004-02-17 00:00 | 武家華族

前田伯爵家 富山藩主 その2

●利篤 前橋藩知事松平直方となる 吉田藩主伊達宗孝の娘鎨子と結婚
●苞子 財閥三井高棟男爵夫人
●知子 岩倉具明子爵夫人
●芳明 前田利功男爵となる 三井元之助の娘艶子と結婚
●尚子 石川成秀子爵夫人
●元邦 林元邦となる
●信利 内藤信任子爵の娘弥栄子の婿養子になり内藤信利子爵となる
●照房 林照房となる
●正庸 軍人
●住子 伴田六郎夫人


●苞子 財閥三井高棟男爵夫人
a0287992_20241327.jpg


●芳明 前田利功男爵となる 三井元之助の娘艶子と結婚
a0287992_18385146.jpg


●知子 岩倉具明子爵夫人
a0287992_2334918.jpg


●尚子 石川成秀子爵夫人
a0287992_1461374.jpg






●鞍子 婿養子を迎え次代当主とする
●鞭子 山縣有道公爵夫人
●韁子 久松定謨伯爵の子久松定孝夫人


●鞭子 山縣有道公爵夫人
a0287992_20211022.jpg


●韁子 久松定謨伯爵の子久松定孝夫人
a0287992_035819.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2004-02-16 00:00 | 武家華族

前田伯爵家 富山藩主 その1

東京本邸 下谷区新坂本町 (現:台東区北上野) 


◆前田利声
1835-1904 嘉永06-明治37


■妻


●利篤 前橋藩知事松平直方となる 吉田藩主伊達宗孝の娘鎨子と結婚
●苞子 財閥三井高棟男爵夫人
●知子 岩倉具明子爵夫人
●芳明 前田利功男爵となる 三井元之助の娘艶子と結婚
●尚子 石川成秀子爵夫人
●元邦 林元邦となる
●信利 内藤信任子爵の娘弥栄子の婿養子になり内藤信利子爵となる
●照房 林照房となる
●正庸 軍人
●住子 伴田六郎夫人





◆前田利同
1856-1921
もと金沢藩主前田斉泰の子
a0287992_22274223.jpg



■妻 高崎藩主松平輝聴の娘 淑子
1857-1922 
a0287992_22281333.jpg



●鞍子 婿養子を迎え次代当主とする
●鞭子 山縣有道公爵夫人
●韁子 久松定謨伯爵の子久松定孝夫人





◆前田利男
1886-1966
もと新発田藩主溝口直正の子 婿養子になる
a0287992_22285682.jpg



■妻 先代の娘 鞍子
1893-1978
a0287992_22292883.jpg



●稠子 九鬼隆輝子爵の子九鬼隆尚夫人
●光子 斯波忠三郎男爵の子斯波忠夫 夫人
●利信
●利正 
●育子 中島正彦夫人
[PR]
by oMUGIo | 2004-02-15 00:00 | 武家華族

亀井伯爵家 津和野藩主 その2

●茲常  次代当主
●須賀子 大河内正倫子爵夫人
●孝子  福羽真城子爵夫人
●祥子  河鰭実英子爵夫人


羽織が養子夫人 同じ着物三人娘 左から 祥子 須賀子 孝子
a0287992_2591313.jpg


左から 須賀子 祥子 孝子
a0287992_3104441.jpg






●修子 木山英一夫人
●茲建 次代当主
●茲勝 伊地知正輔伯爵の娘操子の婿養子になり伊地知正勝伯爵になる
●茲駿 松平近義子爵となる 島津忠弘男爵の娘弘子と結婚
●保子 東伏見邦英伯爵夫人
●鈴子 三条実春公爵の前妻 本人死別


●茲駿 松平近義子爵となる 島津忠弘男爵の娘弘子と結婚
a0287992_2593291.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2004-02-14 00:00 | 武家華族

亀井伯爵家 津和野藩主 その1

東京本邸 南豊島郡千駄ヶ谷 (現:渋谷区千駄ヶ谷)


向島小梅別邸
a0287992_14251981.jpg

津和野別邸
a0287992_23583658.jpg



◆亀井茲監●子供ナシ
1825-1885 文政08-明治18 59歳没
もと久留米藩主有馬頼徳の子
a0287992_23593618.jpg

a0287992_514829.jpg



■妻 高松藩主松平頼恕の娘 貢子





◆亀井茲明
1861-1896 文久01-明治29 34歳没
もと公家堤哲長の子

*イギリス・ドイツに留学

*日本初の従軍カメラマン
a0287992_23594624.jpg

ドイツにて
a0287992_23595452.jpg



■前妻 飫肥藩主伊東祐相の娘 栄子


■後妻 飫肥藩主伊東祐相の娘 養子 前妻の妹
1869-1926 明治02-大正15 57歳没
a0287992_00210.jpg

a0287992_382536.jpg



●茲常  次代当主
●須賀子 大河内正倫子爵夫人
●孝子  福羽真城子爵の後妻
●祥子  河鰭実英子爵夫人





◆亀井茲常
1884-1942 明治17-昭和17 58歳没

*ヨーロッパを外遊
a0287992_004575.jpg
a0287992_005267.jpg



■妻 上杉茂憲伯爵の娘 久子
1888-1958 明治21-昭和33 70歳没
a0287992_011162.jpg
a0287992_011732.jpg
a0287992_013578.jpg

フランスにて
a0287992_394830.jpg

a0287992_06387.jpg

左から 祥子 久子夫人 須賀子 養子夫人 孝子 茲常
a0287992_024829.jpg

横浜港からヨーロッパに旅立つ茲常を見送る一家 パラソルが久子夫人
a0287992_03292.jpg



●修子 木山英一夫人
●茲建 次代当主
●茲勝 伊地知正輔伯爵の娘操子の婿養子になり伊地知正勝伯爵になる
●茲駿 松平近義子爵となる 島津忠弘男爵の娘弘子と結婚
●保子 東伏見邦英伯爵夫人
●鈴子 三条実春公爵の前妻 本人死別





◆亀井茲健
1910-1922 明治43-平成04 81歳没


■妻 有馬頼寧伯爵の娘 正子
1915- 大正04-
a0287992_042621.jpg



●茲基 
●久美子
●常影
●多美子
●久興
●富美子
●建照


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
正子夫人の弟 有馬頼義

その頃一つの問題があった。私と妻の間に子供ができない事であった。
父は家が潰れてもいいと言い、母はそんな事はできないと言った。
養子の話が出て正子の所から一人貰ったら血は繋がるという意見が出たが、
正子の夫が反対した。芸者であった私の妻の所へ大事な子供はやれないと言うのである

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by oMUGIo | 2004-02-13 00:00 | 武家華族

山内侯爵家 土佐藩主 その2

●側室の子 豊熙  13代当主
●生母不明 貞子  米沢藩主上杉斉憲夫人
●側室の子 豊惇  14代当主
●生母不明 悦子  久保田藩主佐竹義睦夫人
●生母不明 嘉年子 徳大寺実則侯爵夫人
●生母不明 豊範  16代当主


●悦子 久保田藩主佐竹義睦夫人
a0287992_21371911.jpg






●生母不明 光子 北白川宮能久親王の前妻 離婚
●生母不明 豊尹 山内豊尹子爵となる 結婚3回
酒井忠彰子爵の娘鈴子→加藤泰秋子爵の娘直子/賢子→松平信庸の娘勝子
●生母不明 八重子 東伏見宮依仁親王の前妻離婚・秋元興朝子爵の後妻


●光子 北白川宮能久親王の前妻 離婚
a0287992_22332812.jpg


●八重子 東伏見宮依仁親王の前妻離婚・秋元興朝子爵の後妻
a0287992_2232065.jpg






●生母不明 豊景 次代当主
●生母不明 豊静 山内豊静男爵となる→子豊秋は次々代当主
●側室の子 豊中 政治家木内重四郎の娘草子と結婚
●生母不明 寿子 大関増輝子爵夫人


●豊中 政治家木内重四郎の娘草子と結婚
a0287992_516746.jpg


●寿子 大関増輝子爵夫人
a0287992_052187.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2004-02-12 00:00 | 武家華族

山内侯爵家 土佐藩主 その1

◆山内豊資
1794-1872 寛政06-明治05 77歳没


■妻 岡山藩主池田斉政の娘 豊子
1779-1841 安永08-天保12 61歳没


●側室の子 豊熙  次代当主
●生母不明 貞子  米沢藩主上杉斉憲夫人
●側室の子 豊惇  次々代当主
●生母不明 悦子  久保田藩主佐竹義睦夫人
●生母不明 嘉年子 徳大寺実則侯爵夫人
●生母不明 豊範  のちに当主となる





◆山内豊熙
1815-1848 文化12-嘉永01 33歳没


■妻 薩摩藩主島津斉興の娘 祝子/候子
1815-1880 文化12-明治13 65歳没


●生母不明 鍈子 庄内藩主酒井忠発の子酒井忠恕夫人
●生母不明 鏸子 臼杵藩主稲葉観通夫人
●本妻の子 綱子 広島藩主浅野長勲夫人





◆山内豊惇
1824-1848 文政07-嘉永01 23歳没
先代豊熙の弟


●生母不明 豊廉





◆山内容堂/山内豊信
1827-1872 文政10-明治05 44歳没
先々々代豊資の甥/もと山内豊著の子


■妻 烏丸光政の娘 正子
1833-1868 天保04-明治01 35歳没


●生母不明 光子 北白川宮能久親王の前妻・離婚
●生母不明 豊尹 山内豊尹子爵となる 結婚3回
酒井忠彰子爵の娘鈴子→加藤泰秋子爵の娘直子/賢子→松平信庸の娘勝子
●生母不明 八重子 東伏見宮依仁親王の前妻離婚・秋元興朝子爵の後妻





◆山内豊範
1846-1886 弘化03年-明治19 40歳没
当主豊資の子
a0287992_1503839.jpg
a0287992_1505061.jpg



■前妻 毛利信順の娘 喜久子/俊子
1844-1899 弘化01-明治32 55歳没


■後妻 米沢藩主上杉斉憲の娘 栄子 結婚3回
人吉藩主相良為知夫人→飛鳥井雅望伯爵夫人→山内豊範侯爵夫人
1848-1886 嘉永01-明治19 38歳没
a0287992_1505373.jpg
a0287992_15152.jpg



●生母不明 豊景 17代当主
●生母不明 豊静 山内豊静男爵となる→子は18代豊秋
●側室の子 豊中 政治家木内重四郎の娘草子と結婚
●生母不明 寿子 大関増輝子爵夫人


*両親が同年に続いて亡くなったため、
父の姉悦子/久保田藩主佐竹義睦夫人が幼い子女の親代わりを務めた。

左から 寿子 伯母の佐竹義睦夫人悦子 豊中 豊景 豊静
a0287992_11101413.jpg






◆山内豊景
1875-1957 明治08-昭和32 81歳没●子供ナシ

*フランスに留学


■妻 伏見宮貞愛親王の娘 禎子女王
1885-1966 明治18-昭和41 81歳没


*大正天皇が皇太子時代に皇太子妃として婚約発表されたが、
肺病の疑いありとの理由で婚約は取消となった。
a0287992_1513022.jpg
a0287992_1514197.jpg
a0287992_151384.jpg
a0287992_1514984.jpg
a0287992_1515531.jpg
a0287992_1521260.jpg
a0287992_1521191.jpg

左が禎子夫人 右が寿子 侍女たちと
a0287992_1522511.jpg

a0287992_1522438.jpg
a0287992_1523660.jpg
a0287992_1523634.jpg
a0287992_1524993.jpg

薙刀をする禎子夫人
a0287992_152518.jpg

座敷遊びをする禎子夫人
a0287992_153480.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『横から見た華族物語』  昭和07年出版

豊景侯爵に抱えられて家史編纂所の主任をしていた沼田頼輔という人が
先年紋章学で文学博士の学位を授けられた。
彼が紋章学の研究に没頭した動機というのが、
ある時豊景侯爵から土佐藩はなぜ今の定紋を用いているかと尋ねられたが、
それに答えることができなかったので深く恥じ入りそれから発奮したのであるから、
豊景侯爵としては沼田氏に対して多少は何とかせねばならぬ筋合いのものであった。
そこで家職の者から豊景侯爵に報告した。
無論お褒めの言葉とともに金一封ぐらいの賞賜は当然あるべきはずと期待してのことである。
ところが御本尊はその報告を受けても「ふふん」と言ったきりで何も言わなかった。
その場のみでなく後日沼田氏が豊景侯爵に面会しても、
このことについては良かったとも何とも一言の言葉もなかったので、
家史編纂所の人々もあきれたという話がある。
豊景侯爵にすれば1000万円以上の丸持華族の主人公として
召し抱えの者の慶事に対して一封の賞金や祝賀会の費用ぐらいを惜しんだわけではあるまいが、
これなども要するに彼等に通有性な周囲に対する冷やかさがそうさせたまでのことである。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆山内豊秋
1912-2003 大正01-平成15 91歳没
先代豊景の甥/もと山内豊静男爵の子 


■妻 黒田長礼侯爵の娘 光子
1921-1980 大正10-昭和55 59歳没


豊秋と継母禎子
a0287992_1531378.jpg
a0287992_1532687.jpg

a0287992_0314134.jpg



●豊功
●完子
●豊厚
●高子
●菊子
[PR]
by oMUGIo | 2004-02-11 00:00 | 武家華族


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング