直球感想文 和館

2017年 更新中
by oMUGIo
カテゴリ
皇族
公家華族
武家華族
勲功華族
御家族
御一同
以前の記事

<   2004年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

上杉伯爵家 米沢藩主 その1

◆上杉斉憲
1820-1889


■前妻 高知藩主山内豊資の娘 貞子
1821-1847


■後妻 高松藩主松平頼恕の娘 郁子
1828-1862


●後妻の子 長裕  丹羽長国子爵の娘峯子の婿養子になり丹羽長裕子爵となる
●後妻の子 長保  丹羽長国子爵の娘花子の婿養子になり丹羽長保子爵となる
●側室の子 茂憲  次代当主
●側室の子 栄子  結婚3回
人吉藩主相良頼基→飛鳥井雅望伯爵→山内豊範侯爵
●側室の子 勝賢  上杉勝賢子爵となる 城戸高博の娘喜武子と結婚
●側室の子 鉄丸  吉井藩主吉井信謹となる 宇土藩主細川行芬の娘千枝子と結婚
●側室の子 忠敬  松平忠敬子爵 伏見宮邦家親王の娘貴子女王と結婚
●側室の子 猷子  池田政礼子爵夫人
●側室の子 熊松  敦賀藩主酒井忠経の娘定子と結婚
●側室の子 純子  小笠原忠忱伯爵夫人
●側室の子 千鶴子 細川立興子爵夫人




◆上杉茂憲 最後の藩主
1844-1919 天保15-大正08 75歳没
a0287992_22332459.jpg

a0287992_19211215.jpg



■最初の妻 高須藩主松平義建の娘 幸子
1845-1872 弘化02-明治05 27歳没 


■2番目の妻 竹股権平の娘 猶子


■3番目の妻 岩村藩主松平乗喬の娘 敏子
1852- 嘉永05-


■4番目の妻 士族伊藤清久の娘 兼子
1859-1922 安政06-大正11 63歳没
a0287992_19212775.jpg



●兼子の子 憲章 次代当主
●兼子の子 覚子 池田勝吉男爵夫人
●兼子の子 重子 高辻宜麿子爵夫人
●兼子の子 琉子 松平直幹子爵夫人
●兼子の子 恒憲 上杉勝憲子爵となる 福島藩系板倉勝英の娘幸子と結婚
●兼子の子 久子 亀井慈常伯爵夫人
●兼子の子 直子 学者左右田喜一郎夫人
●兼子の子 朝憲 大給近孝子爵の娘可都子の婿養子になり大給近憲子爵となる
●兼子の子 大子 林安男爵夫人





◆上杉憲章
1876-1953 明治09-昭和28 77歳没

*英ケンブリッジ大学に留学
a0287992_192038100.jpg



■前妻 鷹司熙通公爵の娘 房子 死別
1887-1918 明治20-大正07 31歳没
a0287992_19205284.jpg



■後妻 近藤廉平男爵の娘 貴子
1887-1967 明治20-昭和42 80歳没
a0287992_17533485.jpg



●前妻の子 敬子 真田幸正伯爵の子真田幸尚と結婚・内山英太郎と再婚
●前妻の子 隆憲 次代当主
●前妻の子 昭雄 上杉勝昭子爵となる


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
覚子の孫 鮫島純子 財閥渋沢正雄の娘/鮫島員重男爵夫人  

*憲章は鮫島純子の大伯父にあたる(憲章の妹覚子/池田勝吉男爵夫人の外孫)

母方の祖母佳久子は上杉茂憲伯爵の長女で、16歳の時 手毬を持って嫁がれました。
4人の子供を生んだ後は側室にバトンを渡さざるを得なかったようですが、
夫が次々と側室を作り、同じ屋根の下で内縁の女性や13人もの庶子と暮らす理不尽さを、
二女である母は見るに見かねたのでしょう。自分の元に引き取りました。
母の気持ちを理解して、父は義母に憩いの部屋を提供していました。

祖母がイキイキと楽しそうに孫や娘を同伴してゆく先は、実家上杉伯爵邸でした。
祖母の兄弟姉妹は9人。上杉家の家紋が竹に雀なので、この集まりを<九雀会>、
次の世代の子や孫も招待する時は<小雀会>と区別していたようです。
和船での江の島巡りや一宮ぶどう狩りのバスツアーなど当時としてはユニーク企画もあり、
本当に仲の良い御兄弟でした。
珍しく楽しそうな晴れやかな実家での祖母の顔を見るのは、私たちにとってもうれしいことでした。
上杉家は私にとって、大名家の雰囲気を味わうに充分な楽しい場所でした。
ただひとつお客用のトイレが、二畳敷きの畳に黒漆塗唐草模様の金蒔絵の金隠しで、
とても恐れ多くて用が足しづらかった記憶が残っております。

いかにも穏やかな品の良い殿様は祖母の兄上で、
静かにおっとりお構えで すべて奥方と召使いにお任せのようでした。
殿様の前妻の方は鷹司公爵家から来られ、
3人の美男美女の御子様に恵まれましたのに最期のお産で亡くなられました。
私が伺う頃は、後添えとして実業家の近藤廉平氏の三女の方が奥様になっておられました。
海外婦人協会会長という肩書をお持ちでしたが、
外での御活躍を感じさせない物静かな微笑みを絶やさないおもてなしでした。
それはそれはいろいろ趣向を凝らして、
子供たちをも細やかなお気遣いで楽しませてくださいました。
絹のお召し物の裾を長めにお引きずりにお召しの奥方が、召使いがいるとはいえ、
よくあの大人数の御馳走と趣向を凝らした余興の用意をしてくださったものでございます。

祖母は祖父が他界する一年前の昭和15年に、胃ガンのため亡くなりました。
我慢強い性格と、これ以上厄介をかけたくないという気持ちからでしょう。
胃が痛むたびに赤い缶の<ホシ胃腸薬>を飲んで何事もない顔をして暮らしていましたが、
吐血、即入院、5日も経たないうちに亡くなりました。
泣き言ひとつ言わず、婿に感謝しつつ、凛とした一生を終えました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆上杉隆憲
1917- 大正06-


■妻 徳川家正公爵の娘 敏子
1918- 大正07-


●統子
●邦憲
●絇子
●隆治
[PR]
by oMUGIo | 2004-03-07 00:00 | 武家華族

酒井伯爵家 庄内藩主 その2

●長子 酒井忠精男爵夫人
●米子 大給近孝子爵夫人
●忠良 次々々代当主
●高子 次々代当主忠純夫人 イトコ結婚
●忠孝
●忠悌
●歌子 大達茂雄夫人


左から 忠悌 高子 忠孝 歌子
a0287992_1483842.jpg


●米子 大給近孝子爵夫人
a0287992_315465.jpg






●鑑子 稲葉順通子爵夫人
●忠純 次代当主
●鉐子 久須美東馬夫人
●淑子 西脇健治夫人


●淑子 西脇健治夫人
a0287992_148153.jpg






●喜代子 松平乗統子爵の子松平乗光夫人
●忠明   次代当主
●和子  大村純之男爵夫人
●千鶴子 酒井忠康子爵夫人
●忠治


●喜代子 松平乗統子爵の子松平乗光夫人
a0287992_21475090.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2004-03-06 00:00 | 武家華族

酒井伯爵家 庄内藩主 その1

◆酒井忠篤
1853-1915
a0287992_2142075.jpg

a0287992_2143194.jpg

a0287992_1404733.jpg



■妻 田安徳川慶頼の娘 鎮子
1866-1912 


●長子 酒井忠精男爵夫人
●米子 大給近孝子爵夫人
●忠良 次々々当主
●高子 次々代当主忠純夫人 イトコ結婚
●忠孝
●忠悌
●歌子 大達茂雄夫人





◆酒井忠宝
1856-1921
先代忠篤の弟
a0287992_2144538.jpg

a0287992_1413130.jpg



■妻 遠藤胤城子爵の娘 鍈子
1864-1943 
a0287992_1414617.jpg



●鑑子 稲葉順通子爵夫人
●忠純 次代当主
●鉐子 久須美東馬夫人
●淑子 西脇健治夫人





◆酒井忠純
1886-1964
先代忠宝の子
a0287992_1423435.jpg



■先々代忠篤の娘 高子 イトコ結婚
明治40-


●喜久子 松平親信子爵の子を婿養子に迎え酒井忠惇を名乗らせる
●正子  佐治秀太郎夫人
●喜美子 下平英夫夫人
●時子  佐伯照明夫人
●里子  武川潤平夫人
●岸子  佐伯朝明夫人
●喜佐子
●喜和子





◆酒井忠良
1888-1962
先々々代忠篤の子
a0287992_1465375.jpg



■妻 大給近道子爵の娘 万千子
1890-1965
a0287992_147918.jpg



●喜代子 松平乗統子爵の子松平乗光夫人
●忠明   次代当主
●和子  大村純之男爵夫人
●千鶴子 酒井忠康子爵夫人
●忠治





◆酒井忠明
1917-2004


■妻 酒井忠晄子爵の娘 慎子
1922-


●教子
●忠久
●忠人
●益子
[PR]
by oMUGIo | 2004-03-05 00:00 | 武家華族

松浦伯爵家 平戸藩主 その2

●側室の子 厚  次代当主
●前妻の子 宣子 前田利嗣侯爵夫人
●側室の子 逸子 高松藩主松平頼胤の子松平頼温夫人
●側室の子 靖  松浦靖子爵となる 久我通久侯爵の娘節子と結婚
●側室の子 正縄 イギリスに留学 稲葉正縄子爵となる 前田利鬯子爵の娘隆子と結婚
●側室の子 都子 伊達宗基伯爵夫人
●側室の子 義準 佐竹義準男爵となる 伊達邦成男爵の娘成子と結婚
●側室の子 信常 大隈重信の姪光子の婿養子になり大隈信常侯爵となる
●側室の子 正複 長尾藩主本多正憲の娘純子の婿養子になり本多正復子爵となる
●側室の子 正子 松平康義子爵夫人
●後妻の子 冏子 伊達武四郎夫人
●側室の子 廉
●側室の子 勝純 井上勝子爵の娘八重子の婿養子になり井上勝純子爵となる


●逸子 高松藩主松平頼胤の子松平頼温夫人
a0287992_2115726.jpg


●靖 松浦靖子爵となる 久我通久侯爵の娘節子と結婚
a0287992_23223447.jpg


●正縄 イギリスに留学 稲葉正縄子爵となる 前田利鬯子爵の娘隆子と結婚
a0287992_1162178.jpg


●義準 佐竹義準男爵となる 伊達邦成男爵の娘成子と結婚
a0287992_1515167.jpg


●信常 大隈重信の姪光子の婿養子になり大隈信常侯爵となる
a0287992_18464859.jpg


●正子 松平康義子爵夫人
a0287992_2425884.jpg


●勝純 井上勝子爵の娘八重子の婿養子になり井上勝純子爵となる
a0287992_0531685.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2004-03-04 00:00 | 武家華族

松浦伯爵家 平戸藩主 その1

東京本邸 浅草区向柳原町 (現:台東区浅草橋) 
1万2000坪 半分以上の敷地が庭だった 通称:浅草蓬莱園


神奈川別邸 【梅澤荘】
a0287992_22452548.jpg



◆松浦詮
1840-1908 天保11-明治41 67歳没
a0287992_22393990.jpg
a0287992_22394463.jpg
a0287992_22394895.jpg



■前妻 松浦晧の娘 浩子
1839-1871


■後妻 青山幸哉子爵の娘 澄子
1843-1924 天保14-大正13


●側室の子 厚  次代当主
●前妻の子 宣子 前田利嗣侯爵夫人
●側室の子 逸子 高松藩主松平頼胤の子松平頼温夫人
●側室の子 靖  松浦靖子爵となる 久我通久侯爵の娘節子と結婚
●側室の子 正縄 イギリスに留学 稲葉正縄子爵となる 前田利鬯子爵の娘隆子と結婚
●側室の子 都子 伊達宗基伯爵夫人
●側室の子 義準 佐竹義準男爵となる 伊達邦成男爵の娘成子と結婚
●側室の子 信常 大隈重信の姪光子の婿養子になり大隈信常侯爵となる
●側室の子 正複 長尾藩主本多正憲の娘純子の婿養子になり本多正復子爵となる
●側室の子 正子 松平康義子爵夫人
●後妻の子 冏子 伊達武四郎夫人
●側室の子 廉
●側室の子 勝純 井上勝子爵の娘八重子の婿養子になり井上勝純子爵となる





◆松浦厚
1864-1934 元治01-昭和09 69歳没

*英ケンブリッジ大学に留学
a0287992_4212180.jpg



■前妻 浅野懋績の娘 益子
1867-1925 慶応03-大正14
a0287992_4213113.jpg



■後妻 佐々木富子
明治22-


●前妻の子 陞  次代当主
●前妻の子 晃子 大久保忠春子爵夫人
●前妻の子 紘子
●前妻の子 和子 戸沢富寿夫人
●前妻の子 克子 大久保教恵夫人
●前妻の子 騤  東胤禄子爵の娘多喜子の婿養子になり東胤騤子爵となる


使用人と 左側 陞&前妻敬子夫妻  右側 厚&益子夫妻
a0287992_2240832.jpg


左から 晃子の夫大久保忠春 和子の夫戸澤富寿 厚 益子夫人 和子 克子 晃子 騤
a0287992_22401741.jpg


立つ左から 和子 晃子 紘子
座る左から 克子 益子夫人 陞 前妻敬子夫人
a0287992_4224841.jpg


●晃子 大久保忠春子爵夫人
a0287992_4291853.jpg


●紘子
a0287992_429302.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『横から見た華族物語』  昭和07年出版 ※当時の総理大臣の月給は1200円

松浦厚伯爵はたった12円50銭のいきさつから訴えを起こした。
松浦伯爵は旧平戸藩で茶道の名家と言われる人であるが、
佐世保に持っている50坪の地所を月12円50銭の地代で長谷川某という男に貸していた。
長い間この地代はただの1回も滞ったことなくキチンキチンと入れていたが、
借主の長谷川も少し都合の悪いことがあってたった1回地代を滞らせた。
すると松浦伯爵はなんの猶予もなくただちに民事の訴訟を起こし、
その常識の有無を疑われたことがある。

因果応報という訳ではあるまいが、その翌年松浦伯爵自身も相場に手を出して失敗を招き、
佐世保の目抜きの場所にある4万何千坪の地所をわずか300万円で叩き売ったのみか、
重代の茶器まで売り払い株で損した穴を埋め、自分は湘南二宮の山の中へ引きこもってしまった。
この時松浦伯爵はもう65歳という老体であったが、
どこからともなくうら若い女を連れてきて妻として同棲を始めた
そのことが大隈信常侯爵の耳に入った。
信常侯爵は松浦伯爵の実弟で大隈家の養嗣子となり先代重信侯爵の跡を継いだ人である。
噂を耳にして彼はすぐ二宮へ飛んで行った。
まさかそのような事実はあるまい単なる風評に過ぎないだろうぐらいに思っていたが、
二宮へ来てみるとこれはどうしたことか腰の曲がった兄貴の老伯爵が
孫娘のような美人を引き寄せてヤニ下がっていたから信常侯爵も驚いた。
そこで自然苦々しい顔になって「いったいこの婦人はどこの御方か」
と詰問するような口ぶりでぶっきらぼうに尋ねた。
それで兄貴も少しはきまりの悪い顔をするかと思いのほか、
かえって信常侯爵の無礼を責めるような態度で
「今頃は女の氏素性などを詮議立てする時代でもあるまいッ」
とあったので信常侯爵も二の句がつげなかったそうだ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





◆松浦陞
1884-1962 明治17-昭和37 78歳没
a0287992_4215362.jpg



■前妻 水戸徳川篤敬公爵の娘 敬子 死別
明治22-大正07
a0287992_4221763.jpg

a0287992_10124022.jpg



■後妻 水無瀬忠輔子爵の娘 治子 姉静子は多嘉王妃
明治24-


●素
●規  今福章規となる
●郁子 学者竹村正彦夫人
●舒子 正親町公秀夫人
●擇
●敏





◆松浦素
明治45-昭和56


■妻 清浦保恒伯爵の娘 栄子
大正03-昭和56


●章
●秀子
[PR]
by oMUGIo | 2004-03-03 00:00 | 武家華族

黒田侯爵家 福岡藩主 その2

●前妻の子 長成 次代当主
●生母不明 長和 黒田長和男爵となる 毛利高範子爵の娘久子と結婚
●生母不明 禎子 鍋島直映侯爵夫人
●生母不明 長敬 黒田長敬子爵となる 小出英尚子爵の娘恵子と結婚


●長和 黒田長和男爵となる 毛利高範子爵の娘久子と結婚
a0287992_23182977.jpg


●禎子 鍋島直映侯爵夫人
a0287992_23193877.jpg


●長敬 黒田長敬子爵となる 小出英尚子爵の娘恵子と結婚
a0287992_23184712.jpg

[PR]
by oMUGIo | 2004-03-02 00:00 | 武家華族

黒田侯爵家 福岡藩主 その1

東京本邸 赤坂区福吉町 (現:港区赤坂)


◆黒田長溥
1811-1887 文化03-明治20 76歳没
もと薩摩藩主島津重豪の子 婿養子になる
a0287992_253856.jpg



■妻 先代斉清の娘 純子
 -1851 -嘉永04


●理玖子 婿養子を迎え次代当主とする





◆黒田長知
1839-1902 天保09-明治35 62歳没
もと津藩主藤堂高猷の子 婿養子になる
a0287992_2411950.jpg



■前妻 先代長溥の娘 理玖子


■後妻 桑名藩主松平定和の娘 豊子
1838-1906 天保09-明治39 68歳没
 

●前妻の子 長成 次代当主
●生母不明 長和 黒田長和男爵となる 毛利高範子爵の娘久子と結婚
●生母不明 禎子 鍋島直映侯爵夫人
●生母不明 長敬 黒田長敬子爵となる 小出英尚子爵の娘恵子と結婚





◆黒田長成
1867-1939 慶応03-昭和14 72歳没
a0287992_230097.jpg

a0287992_234895.jpg



■妻 島津忠義公爵の娘 清子
1871-1919 明治04-大正08 48歳没
a0287992_2211413.jpg

a0287992_2301035.jpg



●長礼 次代当主
●幸子 長嶺公固夫人
●良子 高倉永則子爵の子高倉永輝夫人





◆黒田長礼
1889-1978 明治22-昭和53 88歳没
a0287992_2302296.jpg



■妻 閑院宮載仁親王の娘 茂子女王
1897-1991 明治30-平成03 94歳没
a0287992_1402582.jpg

a0287992_22125139.jpg

a0287992_21553621.jpg

a0287992_21551252.jpg

a0287992_0475733.jpg



●政子 前田利建侯爵夫人
●長久 次代当主
●光子 山内豊景侯爵の子山内豊秋夫人
●静子 満生光雄夫人





◆黒田長久
1916-2009 大正05-平成21 92歳没


左が長礼 右が長久
a0287992_0473571.jpg

a0287992_2522218.jpg



■妻 醍醐忠重侯爵の娘 和子
1922-1975 大正11-昭和50 53歳没 


●長明
●長高
[PR]
by oMUGIo | 2004-03-01 00:00 | 武家華族


フォロー中のブログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル